▶︎ 命の水の泉から

イースターの翌日若いクリスチャンの友人から、飼い猫のハルちゃんが亡くなったとの知らせがありました。共に哀しみ祈り会う猫仲間のクリスチャンです。

一番初めに8歳のカイちゃんのことを思いました。この写真がカイちゃんとハルちゃん ...

▶︎ NCM2 CHOIR,▶︎ 隊長ジャーナル

イースターおめでとうございます!

主イエス キリストの復活を心からお祝いします。ハレルヤ!

Be Ye Glad (喜べ) – NCM2 CHOIR

混乱に満ち溢れる
この暗い世の中で
迷う人の魂 ...

▶︎ NCM2 CHOIR,▶︎ 隊長ジャーナル

昨日のグッド・フライデー(受難日)は終日、十字架のご恩寵の主に感謝と祈りを捧げ、静まって何度も、何度もこの賛美を歌いました。限りなき主のご愛と平安に満ち溢れて、明日のイースターを迎える準備をいたします。NCM2隊長

きよきこひつ ...

▶︎ NCM2 CHOIR,▶︎ 隊長ジャーナル

15年ほど前になるでしょうか・・、NCM2 CHOIRの日本ミッション・コンサート・ツアーの時に、敬愛する久米大作・小百合ご夫妻の所属教会、三鷹バプテスト教会で賛美のご奉仕をさせて頂きました。

その聖日の礼拝会衆賛美がこの ...

04/10/2021▶︎ 隊長ジャーナル

2005年にリリースされた”NCM2 CHOIR” 聖歌・賛美歌集 “今日までまもられ”。

僕がミチコ・ヒルと36年前にNCM2を始めた当時のメンバーは4人でしたが、このアル ...

▶︎ 隊長ジャーナル

新型コロナ・パンデミック以来、全世界の諸教会の礼拝や聖研はオンラインが主流になってきた昨今、上の上馬教会のツイートは「今は昔」のような気もちらほら・・。

(コロナ前)礼拝中に居眠りしていびきをかいたり寝言を言ったりする輩は ...

▶︎ 主とわたし・・

<昔、妻に柿をむいてあげました>

妻とは、大学で知り合いました。妻は、法学部の数少ない女性のひとりで、家にはじめて来た時に柿をむかせたら全然ダメで、「法律を勉強するより、家政科に行ったら、、」と言って、柿をむいてあげたら、びっくりしてい ...

▶︎ 命の水の泉から

この度、パンデミックにあたり、かつて読んだ、ロビンソン・クルーソーを読んでみようと思いたちました。

コロナ禍の今の私達以上に人間に接することができなかったロビンソン・クルーソーの生活には、きっと共鳴するところがあると思った ...

▶︎ NCM2 CHOIR,▶︎ 隊長ジャーナル

我々が恐れなければならないただ1つのことは、恐怖そのものである。

上は大恐慌の渦中1933年1月の大統領就任式での
フランクリン・ルーズベルト大統領の就任演説でのお言葉・・だそうです。

大震災、紛争、コ ...