01/27/2021▶︎ 隊長ジャーナル

あなたの出で立つのも帰るのも 主が見守ってくださるように。今も、そしてとこしえに。詩篇121篇8節 【新共同訳】

上の聖書の御言葉に見送られ、6日前から仕事で隣国のカナダに出張しています。

実際の仕事は5日間ほどなのですが、 ...

▶︎ 隊長ジャーナル

空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。日の下で、どんなに労苦しても、それが人に何の益になろう。(旧約聖書 伝道者の書1:2〜3)

世界中の誰も彼もが、コロナで明け暮れ、コロナで終わろうとしている2020年も残りわずかとなりました。

12/15/2020▶︎ 隊長ジャーナル

2004年12月。高校時代の旧友で、フィリピンのミンダナオ島・ダバオ市に移住した、ダバシュー・本田(本田修二)から、カセットテープがエアメールで送られてきました。

そのカセットにはダバシューの弾き語りで彼のオリジナル・クリ ...

▶︎ 隊長ジャーナル

先週末に帰米後、ホテルでの自主検疫を終え、PCR検査も「陰性」でしたので、本日自宅に戻りました。

疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。マタイによる福音書 11-28 新共同訳

長旅から ...

▶︎ 隊長ジャーナル

仕事で20日ほどアジア某国に滞在し、一昨日ロサンゼルスに戻りました。コロナ禍に於ける海外旅行は想像以上に苦痛を伴うものでした。

某国入国後すぐに、外国人はその国の政府が指定したホテルに2週間隔離。生まれて初めて、部屋から一 ...

▶︎ 隊長ジャーナル

イスラエルの第二の国歌とも呼ばれているこの楽曲”黄金のエルサレム”(Jerusalem of Gold )を、NCM2 CHOIRがヘブライ語と日本語で収録したのは2016年のことでした。

2009年、Hollywood ...

▶︎ 隊長ジャーナル

敬愛するクリスチャンオペラ歌手/伝道者御夫妻である、稲垣俊也先生と遠藤久美子先生のアルバム「秘すれば花なり」を不肖NCM2隊長がプロデュースしたのは2001年の事でした。

編曲とピアノはNCM2メンバーのミチコ・ヒル、オケ ...

▶︎ 隊長ジャーナル

基本的に人間は理由を欲しがる生き物です。自分の不幸の原因を知りたがる。明治以前の日本の社会であれば、「この世で起こっていることはすべて神さまの思し召し」という了解がありました。【「何も選ばない」生き方のすすめ ストレス対処への新たな視点、宗 ...

▶︎ 隊長ジャーナル

当ブログのライタのお一人で、クリスチャン作家の竹下弘美さんの数日間のブログ記事でJTJ宣教神学校のことをメンションされていました。

私の周りにも”JTJ”卒業生がたくさんいます。その大半の人が ...