▶︎ マダムの福音書

「わたしたちは、いつもあなたがたのために祈り」(コロサイ1:3)とある。わたしたちはなかなか他者のために祈るところまで行かない。他人のために祈るというのは、キリスト教の特色である。家内安全、商売繁盛とは祈るが、あの人がこうであるようにと、と ...

▶︎ ケンちゃん先生の宣教便り

50年前の高校生((東海大学付属相模高等学校)時代にラグビーをしていました。その頃のラグビーと言えば現在のように脚光を浴びではおらず、非常にマイナーなスポーツでした。

ラグビーは激しいスポーツのためか、普段学校でちょっと突 ...

▶︎ マダムの福音書

「あなたは国を出て、親族と別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。」

この旧約聖書の創世記に書かれているみ言葉は、神様がアブラハムに語られそれに答えた彼が、生まれ育った地を離れ将来のイスラエルなる異国に出ていくところです。

▶︎ 命の水の泉から

サンクスギビングを迎える週の日曜日、私達の教会(GVIC)の礼拝メッセージは、Give Thanks (感謝を捧げよ)でした。

まず、高吉聖悟先生はみんなに「感謝することをありったけ思い起して書いてごらんなさい」と言われま ...

▶︎ 主とわたし・・

 

パンひとつ(A loaf of bread)という動画が回ってきました

1935年1月、ニューヨーク市の寒い夜に裁判が行われていました。みすぼらしい老女がパンを一個盗んだというので、裁判にかけられたのです。

▶︎ Lean(リン) on Him〜主にもたれて〜

以前にも触れましたが、わが家には2歳になる黒い雌猫がいます。

アメリカ生まれのせいか、私が今まで常識と思っていた猫”あるある”があまり当てはまらない、なかなか個性的な一面を随所で見せてくれる子で、このコロナ禍で自宅にいる事 ...

11/24/2020▶︎ サンビの仲間たち

元を辿れば、生まれも育ちも日本で、お米の品種で言えば、純国産。 家も代々浄土真宗で、脳裏にある最も古い記憶は、仏間でのお葬式。 

そんな私がキリスト教に触れたのは、近所に住んでいた盲目のマッサージ師のお嬢さんの真理亜ちゃん ...

▶︎ マダムの福音書

すっかりスタンダードになった賛美歌「花も」。日本で作られたこの美しい賛美は、多くの方々に愛され歌われて続けています。

私たち”NCM2 CHOIR”も7年前にこの賛美をCDに収録し、YouTubeに ...

▶︎ 主とわたし・・

2019年に公開されたこの映画「Farewell」(さようなら)は、Based on a True Lie (本当の嘘に基づく話)という字幕で始まります。

Based on a True Story(事実に基づく話)の反対 ...