Phil Wickhamは、「本物」と言っていいと思います。

▶︎ サンビの仲間たち

クリスチャンポップ・ロックの評判の悪さは、わざとらしいスピリチュアルな盛り上がりや、作品のクオリティーの低さ、ひいては才能の欠如、と言った理由から数年の間に一般に定着してしまったようです。

そんな中で、Phil Wickhamは、「本物」と言っていいと思います。彼の声はとても印象的で、よくKeane やRufus Wainwrightと比較されます。歌詞はとても詩的で、はっきりとキリスト教色を押し出しており、FMでよくかかっているSwitchfootなどのバンドのように、信仰的なテーマがあるのかどうかすらさえ曖昧な歌とは対照的です。ただし、一番のポイントは、Wickhamの真剣さではないかと思うのです。彼には自分自身の歌を信念で歌っているのがわかり、これだけでも聴く価値があると思います。

このアルバムを僕が好きなもうひとつの理由は、2つのジャンルの音楽のバランスが見事に取れているからです。運転しながらや、学校で教室を移動する間に聴くのには、「十分なロック度」だし、音楽から心を動かされるのにも、「十分なインスピレーション度」だからです。

キャッチーな一曲目"Grace"と2曲目の"Messiah"は、どちらも今風のロックのアレンジです。ところが、 “Mystery"のような曲では、売れやすさと逆行するよな、重たいドラムとギターが、かえって歌詞の緊張感を前面に押し出すのにとても効果的な使われ方をしています。

勿論、「全てがアコースティック」というものに対する個人的偏見を持ちつつも、やはり僕は、"Divine Romance"や “Always Forever"のようなメローで地味な歌に引き付けられます。そして、このアルバムの中で一番好きな曲は、"I Will Wait For You There"です。とても力強い、純粋なアコースティック曲で、Wickhamが心を注ぎ込んだベストではないかと思います。

「僕は、Phil Wickhamの音楽を聴いているよ。」と他の人に胸を張って言える、一般ジャンルでもすぐファンができるような素晴らしい才能を持ったクリスチャンアーチスト、Phil Wickhamをぜひ聴いてみて下さい。

ティモシー・K・マキ

TIM’S MUSIC REVIEW (3/12/2007)
ARTIST:Phil Wickham
ALBUM: Phil Wickham

Over the years Christian pop/rock has developed a pretty bad reputation of being full of gushy spiritual fanaticism and lacking in production quality and many times talent. With that said, Phil Wickham is the real deal. His voice is haunting and memorable and often draws comparisons to artists such as Keane and Rufus Wainwright. His lyrics are poetic and boldly Christian as opposed to radio sell-outs like Switchfoot whose overly ambiguous songs don’t even hint of godly themes. But probably most important would be Wickham’s sincerity. He is an artist who believes what he’s singing—and that alone is worth a listen.

What I like about Phil Wickham’s self-titled album is that it has great balance between two different genres. It’s “rock” enough to listen to while driving or walking to class, but it’s “inspirational” enough for you to be impacted by the music. The catchy opening song “Grace” and the second track “Messiah” both have very current rock arrangements. The heavy drums and guitar work is most effective however in songs like “Mystery,” where it acts to amplify the intensity of the lyrics instead of simply making things more commercial. Of course, with my bias toward all things acoustic, I am naturally drawn toward mellow, toned-down songs like “Divine Romance” and “Always Forever.” My favorite track of the album is “I Will Wait For You There”—a powerful, purely acoustic song that shows Wickham at his spirited best.

Phil Wickham is a Christian artist that I can be proud to say I listen to. He is an incredible talent and will surely earn fans from the secular music spectrum very quickly. So give him a listen and spread the word!

-Timothy K. Maki

www.philwickham.com/

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ