なぜクリスマス?Why Christmas?

私達の教会には日本語部と英語部があり、通常、別々に礼拝を捧げていますが、「新年最初の礼拝」、「メモリアルディーのピクニック」、「敬老の日の礼拝」、「クリスマス礼拝」は合同で礼拝を捧げています。

ということで、今日のクリスマス礼拝では英語部の本多一米師がメッセージを取り次いでくださり、幼子たちがスキットを、フラチームがゴスペルフラを主に捧げました。

幼子から大人まで、カルチャー、言語を超えて、王の王、主イエス・キリストに、この礼拝をお捧げします。メリークリスマス!Soli Deo Gloria!

今日の「礼拝映像」「ポッドキャスト」「一日一生」はこちらから。

 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックをお願いします。

なぜクリスマス?Why Christmas?」への3件のフィードバック

  1. 今年は力強く、イエスの真実を私たちキリスト者の前に更に明らかにし、『勇気を出しなさい』と励まして、説教を連続して語って下さりありがとうございました。

    最新記事がNot Foundになっており見られないのは、私のデバイスだけでしょうか?

    読みたいと思い、アクセスを続けております。
    一度ご確認下さいますか?
    多謝

    • Jan Cさん

      メッセージを聞いて(読んで)くださっておりますこと、ありがとうございます。
      こちらの手違いで最新記事がアップされてしまっているようですがアクセスできない
      ようになっているようです。米国は二時間後に礼拝が始まります。それが終わり次第、
      見ていただけるかと思います。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください