生ける望み 大川道雄師

イエス キリストの復活を祝うイースター(復活祭)が終わりました。キリストの復活によって全てが変わりました。人はみなだれも希望(のぞみ)を持っていますが、でもそれは死んだらおしまい的なものです。聖書はわざわざ「生きた希望」といっています。

どうぞ、聖書のメッセージに耳を傾けて下さい。人は「望み」があれば生きて生けるのですから。キリストの復活は、信じるものに永遠の命、天国という「生きた望み」を提供します。イエス キリストがその見本です。これしか、私たち人間の生きる道はありません。私は12歳の時にそれを発見し、体験し、今日まで実感してきました。

キリストはこう言っています:「私は道であり、真理であり、命です」(ヨハネ14の6) この経験は、信じた今から始まります。酒を飲んだら人が変わる」とよく言われますが、キリストを信じる者は、聖霊によって新しく造り変えられ、神と共に歩み、永遠の希望に取り付かれ、永遠の命という路線を歩み始めます。

<聖霊の結ぶ実>は愛です。神の愛です。愛とは生き生きとした命のことです。ですから、人は死んでもよみがえるのです。神は地球を造ったように、天国を造り、準備しています。そのことは人の心の中から始まります。ハレルヤ!

● 本日のプログラム

 一日一生(2018/4/9-2018/4/15)

★ 礼拝の動画はこちらからどうぞ

Podcast 購読(iTunes)
Podcast 購読(RSS Feed)
Podcast 購読(Google Play Music)
音声 mp3 ダウンロード

詳しい購読方法はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください