胃袋で受け止める文化

どの国に行っても、その国にはその国ならではの食文化があります。そう、まさしくそれは文化であり、その文化を胃袋におさめることによって、その人はその国の人となるのだと思います。

韓国 最終日兄達と 054
韓国 最終日兄達と 068

 

 

 

 

 

 

 

韓国 最終日兄達と 067

韓国といえばスタミナ料理の蔘鷄湯(サムゲタン)。

韓国 最終日兄達と 031

 

 

 

 

 

毎日、朝からこんな感じで始まりました。

韓国 最終日兄達と 017

 

 

 

 

 

インパクトあるエキスが体を鼓舞してくれます。

韓国 最終日兄達と 015

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食卓から「赤いもの」がなくなることはなく・・・。

韓国 最終日兄達と 074

 

 

 

 

 

「ちょっと、おやつを食べよう」と言いますから、スタバやダンキンを想像したのですが、敷居を超えて目の当たりにしたものは・・・

1364193600485

 

 

 

 

 

??? !!! ??? !!! ???

1364193601091

 

 

 

 

 

1364193601491

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを「おやつ」と呼んでしまうほどに、世界は広いのです(笑)。味はというと・・・、味は・・・、限られた私のボケブラリーでは表現できません。

マック

2 thoughts on “胃袋で受け止める文化

  1. 最後の部分、笑ってしまいました。こんな状況の中にいると、笑うことが少ないので、大きな感謝です。
    無事にSan Diego に戻られて良かったです。

  2. Powayさん
    大変な状況の中で、少しでも笑っていただけたこと、嬉しいです。こちらでも皆でお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください