16語!

20110114235409むずかしいことをやさしく

やさしいことをふかく

ふかいことをゆかいに

ゆかいなことをまじめに書くこと

 By井上ひさし

「文章をどう書けばいいのか」というような本はいくらでも巷にあると思います。でも、その多くは難しすぎて私には分かりません(苦笑)。それに対して「ものを書く」ということを熟知しておられた井上ひさしさんのこの言葉は子供でも分かます。私がこれまで出会った人達も、本当にそのことをよく知る人は、誰にでも分かる言葉でそれを説明できる人でした。ということを踏まえますと・・・


Power_stars森羅万象の成り立ちの複雑さを16語で

その16語が語る内容はとてつもなく深く

その深さを「創造」という読んでいて楽しい言葉で表現し、

しかも、そこには厳粛さが伴う

そんな一文があるとしたら、それは創世記1章1節

「はじめに神は天と地とを創造された」

人間がこのことのために記した本はなんと膨大なことでしょう。そして、その内容は難しすぎて普通の人間にはほとんど分かりません(悲)。「知り尽くしている」と言葉はこれだけ短く簡潔になるのです。

マック

 

 



にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックをお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください