松井秀喜

いよいよ、来る日曜日から夏時間が始まる。私が最も好きなシーズン到来だ。そして、またメジャーリーグの季節となる。今年、我らがパドレスはどうなるのか!あのボールパークの雰囲気を今から楽しみにしている。ちなみに今年も6月にシアトル・マリナーズがサンデェイゴに来るので、早速チケットを手にいれておいた。以前、ブログにも書いたが、イチローを見に行くのは、私たち家族にとってMUSTのイベントとなっているからだ。

ところで、ヤンキースの松井秀喜が昨年、番記者にこんなことを言っていた。「俺、結果が出ない状態を脱しても、絶対に「いい時の感触を取り戻した」とか「調子が戻ってきた」なんて言わないでしょ。自分の中で過去に戻ることはありえない。必ず、毎日、前へ進んでるって信じているんだよ」。

あまり言葉数の多い選手ではないけれど、彼はこんなことを考えているんだね。「自分の中で過去に戻ることはありえない」。やっぱり、考えていることが違うよなーと私は唸ってしまうのです(よく唸るパスターだこと!)。以前、「日本の侍は死ぬ時、それがドブの中でもいいから、前に倒れて死にたいと願っていた」ということを聞いたことがあるけれど、松井はゴジラではなく現代版の侍なのではないだろうかと思うのです。そういえば、イチローも野武士の風貌があると思いません?

わたしたちはキリストの教えの初歩を後にして、完成を目指して進もうではないか。 
聖書 へブル人への手紙6章1節

私は凡人だけど、凡人なりに目は真っ直ぐと完成を目指して・・・・歩みたい・・・歩めるかな・・・歩ませてください!

マック

ぬいぐるみと船員

日曜日から私はシワガレ声となり、やがて、それが家内にもうつり、家内も喉を痛めてしまった今週。家内には微熱もともない、私たち二人が弱さを感じている時にかぎって、子供たちは異常に元気がよく、家内もホトホト参っているようです(いつものことですが・・・)。

夜中、未明に次男坊(久々に登場)が約6割の確率で私たちのベッドにもぐりこんできます。しかも、お気に入りのクマのぬいぐるみを携えてきて、私と家内の間に入ってきます。それにより彼のスペースと、しっかりとクマのぬいぐるみにもスペースが奪われて、私達は朝、起きると体から疲れがとれていないという試練にあっています。納得がいかないのは、生命体ではないクマのぬいぐるみのために、なぜ私や家内が首を寝違えないといけないのかということであります。

長男(初登場かな?)は、昨日、仕上げた算数の宿題をどこかに失くしてしまい、今日、先生に提出することができず「絶対に見つけなさい」と言われて、夕方、探している内に、今日、仕上げたライティングの宿題をも失くしてしまったようです。家内からの報告によると、キッチンの椅子の上に立ち、船員が大海原の先にある小島を探す時にする仕草で(手をまゆの上にのせて遠くを見る様)、失われた2枚の宿題を部屋から探そうとしていたということです。当然、「そんなんで見つかるはずないでしょ!」と雷が落ちたそうです。

そんなこんなで、今日も色々とありました・・・。
明日も似たような日となることは分かっているのです・・・。
そして、それは私たちにとって、かけがえのない一日なのです。

マック

謙遜

私の敬愛します師が謙遜ということについて唸らせる定義をしていたのを時々、思い出します。謙遜というと私達は「ふつつかな者ですが」とか「いたらない者ですが」などという言葉使いや、腰を低くして、ニコニコ顔で頭をペコペコ下げる人の様を思い浮かべますが、その師は真の謙遜とは、そのようなものではなく、その人が「人を褒めることができるか否か」で分かると言うのです。

そう言われて考えれば、考えるほどに「うーむ、いかに」と頷けるのです。その人が本当に謙遜であるならば、いかなる人間でも褒めることができるのです。反対に自分の鼻が高い時には、どうしてなかなか人を褒めるなど口が裂けてもできないものなのです(これ、本当ですよ、意識して一週間、自分の心を観察してみてください。「い、いま、この人を褒めることができるか、いいや、どうしてもできない!」っていうような時、結構、私たちの鼻はピノキオとなっております)。私はこの知恵を知って以来「本当に謙遜な人」ということに対する尺度が変ってしまったのであります。そして、私も本当に謙遜な人になりたいなと神に憐れみを請う一人の人間なのであります。

マック

追伸:ところで聖書の中で最高の美徳は謙遜なのであります。

アメリカ再考

今日は息子の予防接種があり病院に行ってきた。我が家の三人の子供達を診ていてくれるドクターなので、彼とはもう顔なじみになっている。お決まりのように息子は一時、激しく泣き、無事に彼の試練は終わった。「何か質問はあるか」というドクターの質問に「子供が乾燥肌で・・・」ということを話すと「分かった、じゃ、後てクリームをあげるよ」と言って、部屋を出て行った。数分後、再びそのドクターが現れ、私の前に小さな箱を置いていった。それはEucerinというクリームのサンプル商品で、箱の中にはクリームが17個も入っていた。おそらく使い切るのに数ヶ月はかかるだろう。こういうのをサンプルと言えるのだろうか。

アメリカにいるとこれに似たことを体験する。例えば、マクドナルドに行き、バリューメニューをドライブスルーでオーダーしたとしよう。その時に、私は必ずダイエット・コークをオーダーし、フレンチフライのためにケチャップを頼むことになる。そうすると、確実にケチャップを袋に入れてくれる。そこまではいいのだが、袋を開けてみると、いつも「やっぱりそうか・・・」というような気持ちになる。つまり、ケチャップの数が多いのだ。ただ、多いというのではない、過剰に多いのだ。その紙袋に入っているフレンチフライは一つだけだ。それに対して、多い時は10以上のケチャップが入っているのだ。もし、フライにこのケチャップを全部かけるということになると、フレンチフライの姿はケチャップで消えてしまうであろう。我が家はこの過剰なケチャップがあるゆえに、ケチャップを買う必要もなく助かってはいるのだが・・・。ちなみに、これと同じことはコーヒーをオーダーした時のシュガーとミルクにもあてはまる。一杯のコーヒーに対して、いくらなんでも10個のシュガーと5つのミルクはいらないだろうと思うだが。同じことが銀行でも行われるなら、色々と助かるのだが、今のところそんなことはなさそうだ。

この現象は特にサンデェイゴで見られるものだけではなく、アトランタでもニューヨークでも見られる現象なのである。いまだに私はこのアメリカ合衆国で起きている現象についての確固たる答えがない。いくつか思い当たることを挙げてみると・・・。

人々はとても気前がいいのだ。
人々はとても浪費家なのだ。
人々はそのようにするようにというマニュアルに従っているのだ。
人々は実際にそれだけの数のケチャップ、砂糖、ミルクを一度に使いきっているのだ(これはコワイ!トォッテモ コワイ!)

誰かこの辺りのことに対して「試してガッテン」じゃないけれど、合点のいく考えをお持ちの方おりませんか。結構、アメリカの心が見えてくるかもしれませんね。

マック

今の時を生かす

今日も日曜礼拝が終わりました。その中でお話ししたことをちょっとシェアーしましょう。

聖書の中には「今の時を生かして用いなさい」(エペソ書 5:16、コロサイ書4:5)という言葉があります。そして、この「今の時を生かして用いなさい」という言葉の「今」には色々な状況があります。どちらかというと、うまくいっているような「今の時」なら「生かして用いる」ことができるように感じますが、思い通りにいかない「今の時」であるならば「なかなか用いると言っても・・・」というのが本音ではないでしょうか。

駅伝で何度も全国制覇を成し遂げている山梨学院大学の上田監督はこんなことを言っています「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ」。スポーツ選手にスランプはつきものです。記録が伸びない選手をどれだけ上田監督は見てきたことでしょうか。何も咲かないという日は辛いものです。記録が伸びなく、何も咲かないよりは、記録を伸ばして一花、咲かせた方がいいのに決まっています。

そんなスランプは、どちらかと言えば、「思い通りにいかない時」ではないでしょうか。しかし、そんな時でも、その時を生かして用いることができるのです。上に咲かないなら、その時は下に深く根をはる絶好のチャンスなのです。やがて、時がくれば、下に根が深くはっているがゆえに、今まで咲かすことができなかったような大輪の花が咲くことでしょう。

新しい週も、今の時を大切にがんばりましょう!

マック

相違

うちの娘は今、4歳でプリスクールに行っています。スクールといっても、絵を描いたりして遊んでいることが多いのですが、それなりに「いやだ」とも言わずに行っています。その彼女のクラスルームの隣は同じ年代でハンディキャップをもった子供達のクラスルームとなっているのです。その隣のクラスの子達と週に何回か一緒に勉強したり、遊んだりするようで娘の親友もその中にいるようです。親としてこのような機会を与えてくれる学校にとても感謝しています。

ある日、家内と娘のことを話している時に、家内曰く、「娘は隣のクラスの子供達と自分達の相違というものに何も気がつかないで一緒に遊んでいるのではないか」というのです。私はその時、頭を金槌でなぐられたような衝撃を受けました。なぜなら、私たち大人は知恵がつけばつくほど、人との違いを発見するようになり、その比較により優越感を得たり、劣等感に苦しんだりして生きていることがあるからです。それらの思いは人へのうらやみ、さげずみへと導かれていきます。

「相違を感じないようにしよう」と努力するのでもなく、相違など何もないかのごとくに、ごく自然に遊び戯れる子供達。彼らは完全に大人たちを圧倒する勝利者です。「子供だから・・・」なんて言ってられないのです。こう考えると、年をとっていくということは一体、どういうことなのでしょうか。

そのとき、弟子たちがイエスのもとに来て言った、「いったい天国では誰が一番偉いのですか」。するとイエスは幼子を呼び寄せ、彼らのまん中に立たせて言われた、「よく聞きなさい。心をいれかえて幼な子のようにならなければ、天国にはいることはできないであろう。この幼な子のように自分を低くする者が、天国で一番、偉いのである」              聖書 マタイによる福音書18章2節ー4節

マック

骨盤体操

冷え性の家内が手足の先までジンジンするようになったと骨盤体操なるものを教えてくれました。そこで、ここ3日間、朝に晩に試みています。聞くところによると、夜、寝る前に骨盤を開き、朝、起きる時に、骨盤を閉じるというのです。そうすると、あら不思議、血流がよくなるというのです。シャッターの開け閉めじゃあるまいしと思っていたのですが、「ほら、私の指、こんなに温かいでしょう。前は違ったでしょう」などと物的証拠を差し出されてしまったら、ひとたまりもありません。3分ほどの体操を家内と並んで続けています。

話は変わりますが、昔、ある宣教師の元に、悩みをかかえた信者がやってきたそうです。その方はどんなに自分が今、悩んでいるかということを長々と宣教師に打ち明けました。黙って話しを聞いていた宣教師はその方の話が終わったことが分かると一言、こう言いました。「今日からちゃんと三度の食事をしっかりとって、十分に眠ってみたらいかがでしょうか」。その悩める信者は、それから元気になっていったそうです。

こんな話を聞きますと、この宣教師はすごいなーと思ってしまうのです。普通ですと「あなた、それはあなたの祈りが足りませんとか、聖書をもっと読んでみなさい」というようなプロフェッショナルなリスポンスをしてしまうものです。でも、この宣教師は人間というものを見極めていたのだなと思うのです。つまり、それは人間は食物を食べて、排泄して、眠る者であること。つまり、喉が渇き、冷や汗を流し、腹をくだし、眠れずもだえ苦しむ、そんな生の人間をしっかりと受け止めている宣教師の眼差しに教えられるのです。

そして、あまり私たちは気がつきませんけれど、この眼差しはジーザスからきているものだということが聖書を読むとよく分かってくるのです。これって、とてもホッとすることなんですよね。だって、眠れなくてイライラしていても、「今日のお前は態度が悪い!」とジーザスは言っているんじゃなくて、「おいおい、今日は少しゆっくり休んだらどうだい」って言ってくれてることなんですから。

ということは、骨盤体操に取り組む私に対してジーザスは、「おい、マック、骨盤体操でもして体を休めたら。そして、また明日、元気に私のために働いてごらん」と言っていてくれるのではないかなと思うのです。

マック

深夜特急

「カルカッタという街はほんのワン・ブロックを歩いただけで、人が一生かかっても遭遇できないような凄まじい光景にぶち当たり、一生かかっても考えきれないような激しく複雑な想念が沸き起こってくる。なんという刺激的な街なのだろう。いった自分はどのくらいこの街にいたら満足するのだろう・・・」。新潮文庫 沢木耕太郎著 「深夜特急3」より

あなたが20歳そこそこの若者で、この一文にめぐり合ったらどんなことを思うだろう。私がまだそんな若い時、この文に出会ってしまった。そして、この文に釘付けになってしまった。「人が一生かかっても遭遇できないような凄まじい光景」とは?「一生かかっても考えきれない複雑な想念が沸き起こってくる街」とは?

青臭い考えと言われてしまうかもしれないが、その時の私は生きる目的みたいなものを考えていた。そんな時にこんな言葉に遭遇してしまったら(だめだよ、こんな本を若者に見せちゃ)、こりゃイカン(遺憾)、私はインド大使館に赴きビザを取得し、インドに向かっちゃった。

話せば長くなるが、結論から言うと沢木耕太郎の言っていることは正しかったと思う。カルカッタとインドの町々で人間の人生の“要約”というものを見たような気がするのだ。これは、とても貴重な体験で、それによって生きるために余計なものがあることが分かったような気がするのだ。

「あなたは多くのことに心を配って思いわずらっている。しかし、無くてならぬものは多くはない。いや、一つだけである」 聖書 ルカによる福音書10章41節―42節

これはジーザスの言葉だ。いや、それにしてもジーザスは大胆なことを言っている。無くてならぬものは多くはないんだって!5つある、12あるっていうんでもないんだって!な、なんと、たった一つなんだって!。

今はジーザスの言っていることが分かるような気がする・・・。

マック