ニオ

月曜の午前中、そして昨日一日中、自宅のインターネットがつながらなくなりました。そこで昨晩、プロバイダーに電話。色々と話したのですが、結局DSL回線を契約している電話会社へ電話しなさいとのこと。そこで、再度電話。つながったニオと名乗るオペレータに事情を話すと、「お宅とジュリアンという町は近いか?」とのこと。ジュリアンと聞けばピンときました。先週はあの辺りも燃えてしまった場所。故にやはりあの火事が原因でインターネットもつながらないとのこと。今、必死で修復しているから、あと数時間で直るとのこと。

ところで、このオペレーター、ジュリアンのことを尋ねているのですが、どうもカリフォルニアの人間ではないような気がしたので「あなたはどこから話しているの?」と聞いてみれば、な、なんと「インドから」というではないですか!いや、それを聞いて私の好奇心に火がついたのですが、会話は全てモニターされていると思うので彼の立場を思って、喉元まできている2、3の質問を飲み込みました。

いやーそれにしても話には聞いていたけれど、あらためてニュースで見聞きしていることを実感しました。確かに電話通話料は安いだろうし(もしかしたら無料)、アメリカ人に深夜手当てを払ってオペレーターになってもらうよりも、人件費の安い、しかも昼間のインドで現地の人に働いてもらえば(彼の英語は少しアクセントがありましたがパーフェクトでした)、どんなにか経費削減となることでしょうか。インターネットと英語さえあれば、アメリカでする仕事が他国でもできてしまう時代になったのですね。

ところで、ジーザスは2000年前にこんなことを言っていました。「ただ聖霊があなたがたに下る時、あなたがたは力を受けて、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、さらに地の果てまで、わたしの証人となるであろう」(使徒行伝1章8節)。当時の多くの人は「地の果て」という言葉を聞いて思ったことでしょう。「そんなの戯言だ!」。でも、今、このジーザスの言葉を戯言だという人はいません。ニオというインドのオペレーターがそれを物語っています。

j0195464.wmf
マック

追伸:彼との会話、もちろん私はこういって電話をきりました。
ナマステー!

もしキリストがサラリーマンだったら

私たちの教会では「キッチンでもオフィスでもイエスを見いだす」というテーマでこの一年を過ごしています。そして、このテーマにピッタリの本、「もしキリストがサラリーマンだったら」(阪急コミュニケーション出版)から去る日曜日の男子会ではディスカッションしました。

この著者は鍋谷憲一牧師。師はもと三井物産の商社マンであり、サウジアラビア、インド、インドネシアなど海外勤務を経て48歳の時に洗礼を受け、52歳で早期退職をして、現在は都内の根津教会の牧師として働いているというユニークな方。

著書は第一話から十話まで以下のようなテーマで短編小説の形となっていて、興味深い。

第一話 得意先の課長に接待の席で殴られたら?
第二話 法律に違反する仕事を依頼されたら?
第三話 セクハラされたことを相談されたら?
第四話 取引先の相手に人事介入されたら?
第五話 「税金泥棒」的な会社を見てしまったら?
第六話 いじめにあったら?
第七話 不当な理由で地方転勤を命じられたら?
第八話 派閥抗争に巻き込まれたら?
第九話 駄目な同僚に足を引っ張られたら?
第十話 自分より無能な同僚が出世したら?

私達は去る日曜日に第二話、「法律に違反する仕事を依頼されたら?」というテーマで話し合いました。おりしも巷では、あちこちの食品業界での不祥事が明るみになっている最中、色々な囁きがあるビジネスの現場の最前線にもジーザスはいるのだということを確認しました。これからそれぞれ持ちまわりで、この会をもっていきたく願っており、私も楽しみにしています。

413FK8D8EEL__AA240_.jpg

マック

追伸:「きれいごとばかり言っても、しょうがないからね」などと言うなかれ!「ビジネスと信仰は両立しないからさ」って、とぉーんでもなぁっーい!!!。ジーザスも汗水たらして、カーペンターとして働き、家計を考えながら家庭を支えていた時があったのですから!あなたの置かれている現実とそのお気持ち、よぉーく理解していらっしゃると思いますよ。

再考する時

この国で過去に二回、私は礼拝で話すメッセージを急遽変更したことがある。一つは「911の起きた時」、そしてもう一つは「米国がイラクを攻撃した時」。そして、今日が3度目となった(今回は私の手術がキャンセルされたということもあるのですが・・・)。

それが多くの人達の痛みであり、また理不尽で不可解に思えることであればあるほど、教会はバイブルから世界にメッセージを語らなければならない。

去る週のWild Fireについて、私達はバイブルからどんなメッセージを聞くのだろうか・・・。

マック

続きを読む

知る

私達は生きている限り、色々な悲しみや試練にあう。そして、それに対して私達は色々な受け止め方をする。ある人は「あれもこれもアイツのせいだ」と思い、ある人は「俺はなんと運の悪い人間なんだ」と頭を抱える。信仰をもつ者たちは「神を疑ったり、自分の信仰が足りないのだ」などと自身を責めたりする。

内村鑑三の書いた「一日一生」を読んでいる。その中で内村はこんな言葉を書いている。

「人生の目的は神を知ることにある」

私達が試練や悲しみに向き合う時に、私達は「アイツやコイツ」のことや「自分の運や信仰」について、いつまでも思いめぐらすことはないのだ。その出来事を通して「神を知る」ということ、そこに私達の全身全霊は注がれていくべきなのだ(聖書のヨブ記の結論はここに導かれていったではないか)。そして、そのことによって「知った、気がついた」ことこそが、本当に私達を立ち上がらせてくれるものなのだ。

「知恵とはあらゆる事物を神の見地から眺められる能力をいう」 エイブラハム・へッシェル (この言葉に従えば、私達が使っている知識とか知恵という言葉の99%は本来、知恵とは呼ばれないのかもしれない)。

永遠の命とは、唯一のまことの神でいますあなたと、また、あなたが遣わされたイエス・キリストとを知ることであります」 ヨハネ17章3節

マック

uchimuraphoto.jpg
追伸:ヨハネ17章の聖書の言葉、ヘッシェルと内村の言葉、三つ揃えでストンッと我が心に落ちました。

おめでとうございます!

今日は私達の教会の最年長のSさんのお誕生日ということで、家族全員でおじゃましてきました。彼女は95歳(アメリカにいらっしゃた年が1932年!)、お顔色もよくお元気そうでした。教会には私達のアメリカの祖父母、そして父母がたくさんいるのです。お一人お一人が日々、健やかにジーザスと共に歩んでいかれるように祈っています。
j0426632.jpg
日本の母の手術も無事終わりました。皆さんのお祈りに心から感謝申し上げます。彼女が現在、抱えている症状の原因とは関係ないということが判ったようですが、たといそうでなくとも父なる神へのトラストは変わることがありません。信じるということの深さを畏れつつ学んでいます。

マック

CNNによると今回の火災拡大の原因となった季節風サンタアナの風速が4日連続で低下し、事態好転への期待が高まっている。24日には火災22件のうち7件が鎮火し、残りの火災の鎮火率も、ロサンゼルス郡94%、サンティエゴでも50%に達しており、避難民に対して帰宅を許可している。

この数日、色々な方からお電話をいただいたり、多くの方々に祈っていただきありがとうございました。家を失われた方々の、これからの復興がありますが、どうぞ引き続き覚えてお祈りください。

j0428490.jpg
もう、少しです。一日も早くゆっくり休める時がきますように。

マック

追伸:「連邦捜査局(FBI)とオレンジ郡当局は、3件の火災に放火の可能性があるとみており、7万ドルの報奨金を提示して情報提供を呼びかけている」。 もし、そうなら牧師でも怒ります。いいかげんにせい!

再々祈

地元のテレビ局が随時、火災のアップデートを送ってくれています。以下にあるJamulは我が家から10キロほど南の場所なのですが、一時間半前にそこでどんなことが起きていたかが書かれています。下線を引きましたが、消炎を促す飛行機が飛ぶさ中、消防士達がいくつかの家に配置され、家々に延焼しないように守っていると書かれています。大変な熱さと煙の中、体をはってがんばってくれています。彼らの安全を祈ります。

NEW: JAMUL FIRE UPDATE
8:30 a.m. – According to News 8 traffic reports, wind and heavy smoke is blowing slightly west and south in the Jamul Highlands area near SR-94, east of Proctor Valley Road. Police cars were seen heading out to this area. Fire crews are stationed at some homes to protect them from any approaching flames. Thick smoke is reported in the Lyons Peak area. Firefighting aircraft are on scene to battle the flames, as well as ground crews. No homes have been reported lost at this time.