2008年暮れ、経済危機のただ中で

今から約2500年前、聖書、ハガイ書1章2節-11節に書かれた言葉。

P5310033 「万軍の主はこう言われる、この民は、主の家を再び建てる時は、まだこないと言っている」。 そこで、主の言葉はまた預言者ハガイに臨んだ、「主の家はこのように荒れはてているのに、あなたがたは、みずから板で張った家に住んでいる時であろうか。それで今、万軍の主はこう言われる、あなたがたは自分のなすべきことをよく考えるがよい(あなたがたの現状をよく考えよ:新改訳)。あなたがたは多く蒔いても、取入れは少なく、食べても、飽きることはない。飲んでも、満たされない。着ても、暖まらない。賃銀を得ても、これを破れた袋に入れているようなものである。

万軍の主はこう言われる、あなたがたは、自分のなすべきことを考えるがよい(あなたがたの現状をよく考えよ:新改訳)。 山に登り、木を持ってきて主の家を建てよ。そうすればわたしはこれを喜び、かつ栄光のうちに現れると主は言われる。あなたがたは多くを望んだが、見よ、それは少なかった。あなたがたが家に持ってきた時、わたしはそれを吹き払った。これは何ゆえであるかと、万軍の主は言われる。これはわたしの家が荒れはてているのに、あなたがたは、おのおの自分の家の事だけに、忙しくしている。 それゆえ、あなたがたの上の天は露をさし止め、地はその産物をさし止めた。また、わたしは地にも、山にも、穀物にも、新しい酒にも、油にも、地に生じるものにも、人間にも、家畜にも、手で作るすべての作物にも、ひでりを呼び寄せた」。

2008年、年の暮れ訳

Wallstreet_2あなたたちは自分のことしか考えていない。見てみぃさい、今の自分の置かれている状況を。あなたは多くのことに投資をしたのに、な~んも益はなく、少なくなったどころか、全て失われてしまったやんか。バブルの頃を思い出してごらん、あんだけ食べて、あんだけ飲んだのに、心は満たされず、心が暖まることなんかなかったやんか。だから、今なすべきことをよくよく考えてごらん。分かるだろう、まず私を第一として人生設計をたててごらん。私は天の扉を開くから。指し止めは銀行だけの話じゃないんだから。

Sol Deo Gloria                                                                                                                              マック

続きを読む

日没時間切れ持ち越し延長戦

サンクスギヴィングディーが終われば、すぐにクリスマスのことを考えます。

ということで、我が家でも飾りつけが始まったようです。でも(全く珍しいことではないのですが)、今日一日では終わらずに、明日に持ちこされるようです。かといって、明日で終わる保証はどこにもなく、このまま数日、このような状態で時が流れていく場合もあるわけです。

現在、全ての住民に足元注意報が出ています。クリスマス・アイテムは見たからに踏むと悲鳴をあげそうなものが多いので・・・。

Picture_312

美しさの背後にはいつも苦労があるものです。

それでも                                      Sol Deo Gloria

マック

その日

ムンバイで起きていることはご存知のとおり。

親しくさせていただいているインド駐在のMさんの安否が気になり、日本にいる奥様に問い合わせたところ“その時”現地にはいらっしゃらなかったようで胸をなでおろす。しかし、先週まではムンバイにいて、今週末は“あのホテル”に宿泊予定だったとのこと。本当に何事もなくてよかった。でも100名以上の犠牲者、年も近い一人の日本人男性が犠牲になられたことに心が痛む。

テロリスト達は「英米のパスポート」を持っている人を探していたようだが、自分自身、米国市民になったということに対して、これから何が起こるか分からないその覚悟をもう一度、考えた。

このようなことを書くと、クリスチャンでない人は縁起でもないと思われるかもしれないが、私達の教会では希望者に対して「私の葬儀の備え」なるものを書いてもらい、自分の葬儀に対する希望や思いを記録している。おそらく“その時”病床で“その備え”はできないだろう。ましてや“その時”が“一瞬”であるならなおさらだ。

「その日」はいつ来るか分からない。でも、私達はどこに行くのかは分かっている(だから縁起云々ではなく備えることができるのですが)。当事者不在のその日、地上最後のしめくくりの日に、家族や友が皆、希望をもって天を仰ぐことことができるように。「ありがとう」そして「また会おう!」というメッセージを確実に伝えることができるように。

J0433127_2

Sol Deo Gloria                                                                                                                                マック

正統的一日

こんがり焼けたターキー。

Picture_044

Sさん、Cさんと男同士、心理学、医学、神学となかなか刺激的な話をしながら、夜更けまで・・・。思いがけなく、こんな機会が与えられたことに感謝。

一日のんびりと正統的なサンクスギヴィングディーを過ごしました。

Sol Deo Gloria!                                                                                                                              マック

サンクスギヴィング・イブ・ナイト

明日はサンクスギヴィングディー。

今日はその前夜ということでイブ・サービスがもたれ、メッセージが語られ、互いの一年間の感謝を分かち合った。

Lothanksgiving_humor_eat_ham_turk_2明日は朝から一日かけてターキーを焼く。後ろめたさからか、やっぱり今年もこの写真を掲載して、彼らの率直な気持ちを全世界に伝えておこう。

Sol Deo Gloria                                                                                               マック

今日、サービスでお話したメッセージです。                  よかったらどうぞ!

続きを読む

無痛の恐怖

先天性無痛無汗症」という病気があることを知った。これは文字通り、私達の体が痛みを感じない症状なのだ。

J0438717

私達はあまり気づかずにいるが、体は常に痛みを感じ、それに反応することによって守られている。もし、この痛みを感じないと本来、動くことができない方向に関節が向いてしまい骨折や怪我をしたり、出血や内臓異常に痛みが伴わないとしたら命の危険にもさらされることになる。

J0438727

それが身体的なものであっても、心情的なものであっても、私達は痛みをさけたいと願う。しかし、痛みは明らかに大切な「警報装置」であり、それによって保護されているということも紛れもない事実なのだ。

痛みは取り除くべきものではなく、私達に不可欠なものなのだ。あぁ~神の知恵はなんと深いのだろう。私達の心が痛む時、神は永遠の命に関わる最重要なメッセージを送っているのかもしれない。

Sol Deo Gloria                                          マック

B’z

オフディー。
夜、NHKで「B’z メガヒットの秘密」を観た。 5秒のフレーズのために一月以上かけて音を探るこだわり。その声を守るために、真夏でも冷房もかけず、湿度を50%に保ち、口には氷も入れないストイックさ。
今年のデビュー20年を記念するツアーの最終日、シングル・アルバム売り上げ歴代一位の彼らが「いっぱい勉強して、いっぱい練習して、また戻ってきます」とファンに語っているのが印象的だった。
彼らが歌いかけている人達は、私が語りかけている人達なのです。稲葉さん、松本さん、色々と教えられました。
Sol Deo Gloria!
マック

11月22日

11月22日は「いい夫婦」の日だそうな。 

Logo_explain_2 

この日のための夫婦川柳が楽しい(上記サイトから)。

ほのぼの編

ひとごみで 母の手を取る 父が好き  にいな

秋の夜 残りの一口 妻に注ぐ   溶解頑固おやじ

みそ汁を 飲んで夫が うなずいた   マロたん

評:見過ごしそうな所作に、夫婦愛は宿るとみた。

唸り編

俺よりも 俺に詳しい 妻がいる    上中直樹

妻に聞く これは醤油を かけるのか  神田みさ子

評:私はワイシャツを買う時に、いつも首周り、そして手の長さを家内に聞く。私は醤油とソースの区別もできない不自由な存在である。

お笑い編

君が好き もいちど聞いたら 黄身が好き                 前田明子

母さんと 呼ぶアンタを 生んでいない!                      ひまらやゆきのした

評:ギシギシしているところには、笑いという潤滑油を垂らしましょう。

Soli Deo Gloria!                                    マック                                                                                                                                  

追伸:「自分の妻を自分自身のように愛しなさい。妻もまた夫を敬いなさい」(聖書:エペソ5章33節)

聖書の中に「夫は妻を愛しなさい」「妻は夫を敬いなさい」とありますが、この言葉こそ、男女の違いと夫婦円満の全てを物語っているように思え、あらためて聖書の言葉の深さと鋭さに脱帽です。

警告:奥方の皆様、夫は皆さんと家族のリスペクトがあってはじめて、最大に力を発揮することができる生きものです。もし、それがなければ、力を失いますので注意してください。

決起:同胞の殿方、「愛」には当然、「敬う」ことも「ありとあらゆること」が含まれているわけで、私達に課せられていることは大きいですな。どんな大きなプロジェクトを成し遂げるよりも、このことを成し遂げることができたら、そりゃたいしたもんだと思うのです。励ましあっていきましょ(「ハゲ増し合って」ではありませんから、そこのところよろしく!happy02)。