釈迦がイエスに会っていたら・・・

J0227554_4私は釈迦と同じ人間として、彼が世について悩み、真理を求めようとしたということについて敬意を表します。そして、内なる求道心をもっていたにもかかわらず、彼が本当の光を見出しえなかったことを残念に思います。多くの人達が言うように、もし釈迦があと560年以上遅く生まれていたら(釈迦の誕生年月日には色々な説があるのですが、紀元前560年頃と言われています)、そして、どこかでイエス・キリストの福音に出会ったとするならば、彼は胸躍りながらイエスに従ったに違いありません。

マック

今日、礼拝げお話したメッセージです。                    最後に「本日のお持ち帰り」あります。                         よかったらどうぞ↓

続きを読む

友達

先日、パスターYから「キャプテン翼」のDVDをいただき、子供達は喜んでそれを観ている。その中で主人公、翼のコーチの「君達はいつもボールと友達でいなければならない」という台詞がでてくる。原作者はこのような台詞がどれだけ子供の心を鷲づかみにしてしまうかご存知だろうか。

このコーチの言葉を拝聴した次男坊、昨日からボールを手放さない。食事中もボールと一緒、買い物に行く時にもボールをリュックにつめ、風呂にもボールとはいり、寝るときもボールと添い寝している。そういえばあのジダンや中田英寿もこのアニメに影響を受け、同じようなことをしていたと聞いたことがあるけど・・・・。

Soccer_005_2

Soccer_006

全世界のお父さん、お母さん、明日から言ってみよう!

「今日から君達は宿題と友達にならないといけない。学校から帰ったら真っ先に友達と向き合わなければならない」

あ~あ~、書いている自分がむなしい・・・・。

マック

追伸:トム・ハンクス主演のこの映画にもウィルソンというバレーボールのお友達がでていましたね。

続きを読む

最近、

J0402890_3

酒にまつわる話をよく聞きます。

数ヶ月前の某国の某財務大臣の会見、そして同じく某国の某タレントさんの騒動。この某タレントさんの件に関していえば、それよりはるか昔に同じようなことをしでかした人がいます(人間は今も昔もな~んにも変わらんのです)。そう、あの「ノアの箱舟」で某タレントさんよりも世界的に有名なノアです。彼は箱舟を造り、大洪水から生きながらえた後、ぶどう酒を飲んで泥酔してしまったのです。

さてノアは農夫となり、ぶどう畑をつくり始めたが、彼はぶどう酒を飲んで酔い、天幕の中で裸になっていた」。創世記9章20節ー21節

某タレントさん、驚くなかれ。ノアだって泥酔し脱いだのです。私達は誰しもあなたと同じ状況になれば、同じようなことをしでかす可能性があるのです(ノアの場合、その失態は息子達にあらわにされました)。

あなたはインタビューで「しばらくは自粛するけれど、また、いつか楽しいお酒を飲みたい」と言っていましたね。私はそれを咎めようとは思いません。ただ、おせっかいかと思いますが、こんな聖書のプリンスパルをシェアーしておきましょう。

食物は私達を神に導くものではない。食べなくても損はないし、食べても益にはならない。しかし、あなたがたのこの自由が弱い者たちのつまずきにならないように、気をつけなさい・・・。・・・この弱い兄弟のためにも、キリストは死なれたのである・・・。・・・だから、もし食物がわたしの兄弟をつまずかせるなら、兄弟をつまずかせないために、私は永久に断じて肉を食べることはしない」コリント第一の手紙8章後半

私も生活の色々な場面でこの言葉に助けられることがあります。

Soli Deo Gloria!

マック

 

Soli Deo Gloria !

10年来、親しくさせていただいているTさんからシスターマドンナのことについて教えていただいた。

彼女はあの「マドンナ」の姉妹ではない。こちらのマドンナは現在79歳になる修道女である。彼女は49歳の時にトライアスロンを始め、これまで325のトライアスロンレースに参加し、その内の35回はアイアンマン・レース(水泳:3.8キロ、自転車:180キロ、マラソン:42.195キロ)だといのだからすごすぎる!

圧巻なのは2006年、76歳で臨んだアイロンマン・レースを16時間59秒03で完走したということ(あたりまえのことを書かせていただきますが、これは朝8時から翌日午前1時までのことです!!)。

彼女のインタビューを聞いていて嬉しいのは彼女が「走る」ということの中に神との関係を見いだしていること。神の素晴らしさを表現する場所は教会の礼拝堂だけではありません。
兄弟達よ。わたしはすでに捕えたとは思っていない。ただこの一事を努めている。すなわち、うしろのものを忘れ、前のものに向かってからだを伸ばしつつ、目標を目指して走り、キリスト・イエスにおいて上に召して下さる神の賞与を得ようと努めているのである。  ピリピ3章14節
Soli Deo Gloria!
マック

白洲次郎

白洲次郎

20090327sirasu_2

一昨年あたりから日本の書店でこの人に関する本が山積みにされている。そこで最近、数冊を手にとり読んでみた。白洲次郎とはどんな人間なのか。

1945年、彼は連合国最高司令官総司令部(GHQ)との交渉にあたった人である。次郎はこの交渉に対して、当時の日本政府および日本人がとった従順すぎる姿勢とは異なり、彼が培ったプリンスパル(原理原則)にのっとって堂々と交渉にあたり、GHQ要人をして「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた。

彼に関する書を読んでいてよく出てくる言葉に先に挙げたプリンスパル(原理原則)というものがある。そして、書を読み進めていく時に、その人生はこのプリンスパルにのっとって形造られていることがよく分かる(彼がその心中、どのような原則をもっていたのかその核心については私には分からないが)。 

今日なぜこの書が売れているのか。それは一言で言うならば「自分のプリンスパルをしっかりともって、自分の頭で考え、自分で決断して主体的に生きていきなさい」というメッセージに人々が惹きつけられているのではないかと思う。 

私は一クリスチャンとして、このプリンスパルを聖書に置くことによって私の人生に起きる諸々の事柄を決していくことができることを本当に幸いに思う。日々、失敗を繰り返す者だが、このプリンスパルによって私自身の結婚生活・育児・仕事・人間関係がどれだけ支えられていることか・・・。 

Soli Deo Gloria!

マック 

「ただ強く、また雄々しくあって、わたしのしもべモーセがあなたに命じた律法をことごとく守って行い、これを離れて右にも左にも曲ってはならない。それはすべてあなたが行くところで、勝利を得るためである。この律法の書をあなたの口から離すことなく、昼も夜もそれを思い、そのうちにしるされていることを、ことごとく守って行わなければならない。そうするならば、あなたの道は栄え、あなたは勝利を得るであろう。わたしはあなたに命じたではないか。強く、また雄々しくあれ。あなたがどこへ行くにも、あなたの神、主が共におられるゆえ、恐れてはならない、おののいてはならない」。聖書:ヨシュア1章7節‐9節

親善試合!

先週もたれた牧師サミットの自由時間にサッカーを楽しんだ。

頭の中ではベッカムや中村俊輔の動きが軽やかにイメージされているのだが、体が追いつかず、また息がきれること、きれること、状況は皆も同じらしく、結局5ラウンド5分マッチというボクシングのようなサッカーとなった。

それでも芝生の匂いが気持を和ませ、空の青さと太陽の輝きが体に染み渡っていった。

20090415_img_9999_7_2

MVPはサウスベイ教会のA先生、そして、この写真はハワイのS先生のものをお借りしました。皆の清々しい笑顔が最高です。

マック

追伸:失われゆく草原。両脇から失われ・・・。植樹も時既におそく・・・。これ、男の勲章です!

あづ~

本日、私の住む地域は39℃まで気温があがりました。それでいて湿度が低いので、車を運転しながら窓をあけますとまさしくドライアーの風をあびているようです。

そして、現在、午後8時半で31℃あり、ひさしぶりの熱帯夜。頭も体もボケ~としていますが、こんな夜にはM師匠のブログを見て、気持を入れ替えていきましょう。さぁ、明日もがんばろう!

マック

追伸:「巨匠の作品」を「日本の朝ごはん」へと適応した才能と勇気と遊び心に感動しています。

聖書的老人力に生きる!

41crn78kxdl__ss500_ 今から10年ほど前に赤瀬川原平という方が書かれた「老人力」(筑摩書房)という本がベストセラーになりました。それ以来「鈍感力」とか「質問力」「段取り力」「要約力」というように「力シリーズ」が様々な著者達によって次々と出版されました。そういう意味では赤瀬川さんの「老人力」はそれらの先駆けとなったと言ってもいいと思います。 

赤瀬川さんは、高齢になる時に「えーと、えーと」と話したい言葉が出てこなかったり、「ほれ、あれ」で会話のほとんどが占められてしまうという現実に対して、それらを「嘆くべき老化」としてとらえるのではなく「老人力がついてきた」ととらえるようになったというのです。すなわち「老人力」とは年を重ねることによって生じる心と体の変化というものを「労人力」として喜ぼう、楽しもうではないかということなのです。    

私たちも老いによって生じる現実的な心身の変化を受け止めつつも、それを否定的なものとして見るのではなく、神様はいよいよその人生の晩年に素晴らしい聖書的労人力を与えてくださっているのだということを、今日は確認して行きたく願っているのです。

マック

今日の礼拝メッセージです。

よかったらどうぞ↓

最後に本日のお持ち帰りつき。

続きを読む