今宵、寄留者はアイロンをかける

「これらの人はみな、信仰をいだいて死んだ。まだ約束のものは受けていなかったが、はるかにそれを望み見て、そして、地上では旅人であり、寄留者であることを自ら言い表した」 ヘブル11章13節

ここ最近の世界の動きを見るにつけ、私達の教会では「地に足をつけた寄留者として歩む」という標語と共に新年度を歩み出しました。あえて「地に足をつけた」を加えたのは、私達はどうせ寄留の身なのだからと世捨て人のように生きる信仰者ではなくて、しっかりと地に足をつけて、日々の暮らしに取り組みつつも、世にあっては旅人であり、寄留者なのだということを心に刻んで、天を指差して歩む者達だからです。

ということで、これからがっつりと夕飯の準備(といっても牛丼とサラダという吉〇家セットのようなものだけど・・・)、そして、今宵はしっかりとアイロンかけです。どうせ寄留の身なんだからといって「カップ麺」に「ヨレヨレシャツ」ではいかんと自分に渇を入れています(笑)。アイロンに関しては、妻が行く前に要領は確認したのですが、どうなることやら。もし、背中に奇妙な折れ線がはいっていたら、カリフォルニアから生まれた新しい流行だと思ってくださいまし。

マック

準備はできていますか?

たとえば誰かが命をかけてまで語った言葉というものを私達はしかと聞かなくてはならないと思う。イエス・キリストが命をかけた言葉とは・・・。

ビデオ1

ビデオ2

どうも記事が重いのか、うまく映像と原稿が入りません。ご了承くださいませ。

今日の礼拝プログラムはこちら。

マック

 

 

 

今、小亀はどこに・・・

IMG_0006 子供達はここ十日ほど大分で、ランドセル背負って、傘さして小学校に通っている。さっそく友達もできたということで、近所の子達が学校が終わってから次男坊を訪ねて家に遊びにきたとのこと。当然、次男坊は喜びいさんで飛び出て行ったらしい。しかし、その先でその子はどこかに行ってしまい、別の友達の家へはしご遊び(酒じゃなく)・・・。

そこの家には庭で捕まえた亀が数匹いたらしく(なんという自然!)、小亀を一匹もらったそうな。しかし、その後、その友達もどこかに行ってしまったらしく、彼は一人に。さぁー困った、ワッショイワッショイと遠くまでやってきたけれど、帰り道など分かるはずもない。小亀の甲羅を掴んだまま、一時間ほど放浪したあげく、そんなことを知らずに、たまたま買い物をしていて、その前を通った妻が彼を見つけ救出されたそうな(神様が守ってくださいました)。彼、車に乗った瞬間、ホッとしたのか男泣き・・・。

こんな経験ができる祖国日本よ、いつまでもその姿を失わないでください(当たり前のように思えるかもしれませんが、子供が一人で出歩ける、亀もって(笑)迷うことができる国というのは世界を見渡してもそんなに多くはないのです)。

子供達よ、日本の雨のにおいを、川のにおいを、森のにおいを、心と体に刻みこめ。将来、御声を聞いたなら、そのにおいを思い出し、福音をたずさえて、日本に足を向けることができるように・・・。

あなたがこの国に迎えられたのは、このような時のためでなかったと誰が知りましょう」 (エステル4章14節)

マック

追伸:車にのって次男坊、気づいたそうです、「あれ~小亀、どこ行ったんだろぉ~」・・・スマン、小亀、どこかでたくましく育ってつかぁーさい。

Phil’s BBQ

2011-06-24_17-34-27_68 アメリカ人が食べ物のために、行列をつくって何時間も並ぶとは思ってもみませんでした。でも、それは間違っていたと今日、知りました。

場所は地元の超人気店のPhil’s BBQ(今日まで知りませんでした・・・灯台もと暗し!)。M家のお勧めということでディナーに誘っていただきました。夕方5時すぎだったのですが、すでに行列ができています。私達が食べ始める頃には、さらに長い行列(どれぐらい並んでいるのか、ここ、生で行列を実況しています 笑)。

お勧めでいただいたのはトロリと美味な巨大リブ、巨大オニオンリング、コースロー、ポテトサラダ、フレンチフライにいたっては日本の5,6倍はありました。店内のテレビは全部、野球の中継、これぞアメリカ合衆国というレストラン。日本からのお客様がいらっしゃった時、当地に着いた晩に、まず有無を言わせず、”アメリカの雰囲気とアメリカの味を胃袋で感じていただける接待レストラン”の上位にランクインです(笑)。

M家の皆さん、楽しいひと時をありがとうございました。今もお腹にズシンと残っています(笑)。

マック

 

 

NCM2 夏のコンサート

Ncm2_japan_tour7-2011 敬愛しますM師匠が隊長をつとめるNCM2のお知らせです。今週、土曜日と日曜日、7月の日本コンサートツアーに向けて 『賛美と祈りのライブ集会』がリトル東京とパサデナの教会でもたれます。ロス近郊にお住まいの皆様、是非お出かけ下さい。

6月25日(土)NCM2 CHOIR 『賛美と祈りのライブ集会』
時間:午後2時 入場無料
会場:リトル東京 センテナリー合同メソジスト教会(小チャペル)
住所:Centenary United Methodist Church
300 South Central Avenue, Los Angeles, CA 90013
Tel: 213-617-9097

6月26日(日)NCM2 CHOIR 『賛美礼拝』
時間:午後3時 入場無料
会場:パサデナ ごすぺるシロアム教会
住所:Gospel Siloam Church c/o Pasadena Presbyterian Church
585 E Colorado Blvd., Pasadena, CA 91101-2036

Img049 また7月からのコンサートツアーの予定は以下の通りです。

7月9日(土)亀有「KID BOX」 NCM2ライブ Open 16:30 Start 17:00 予約:2500円/当日3000円 (ライブの収益はずべて被災地義援金になります)

7月10日(日)南流山「オリーブチャーチ」NCM2コンサート礼拝    メッセージ:高木輝夫牧師 Open 13:30 Start 14:00 入場無料 (席上自由被災地義援献金があります) オリーブチャーチ:千葉県流山市南流山4-5-15-A102

7月12日(火)青森八戸「天恵・ぶどうの木ベーカリー」 NCM2ライブ Open 11:00 Start 11:30 要予約 500円 (ランチ代) Open 18:30 Start 19:00 入場無料 要予約 (席上自由被災地義援献金があります)

7月13日(水)宮城県仙台「尚絅学院大学」 NCM2ライブ   Open 11:30  Start 12:00 入場無料

7月13日(水)宮城県仙台「仙台グレースチャペル」  NCM2コンサート  Open 18:30 Start 19:00 入場無料 要予約 (席上自由被災地義援献金があります)
〒981-0933 宮城県仙台市青葉区柏木2丁目5−63  ☎022-234-6582

7月16日(土)下北沢「ラ・カーニャ」 久米小百合/久米大作 + NCM2 ジョイントライブ Open 16:30 Start 17:00 予約:3500円+1drink order/当日4000円+1drink order

7月17日(日)栃木県宇都宮 峰町教会 NCM2チャペルコンサート
Open11:00 Start 11:15 入場無料 (席上自由被災地義援献金があります) 峰町教会 〒321-0942 栃木県宇都宮市峰1-16-8 ☎028-636-8663, Fax 028-636-3301

日本の皆様、日本への熱き祈りとパッションをもっているNCM2がお近くの町を訪れるようでしたら、是非、ご来場くださいませ。

マック

I am a father

ロックスターじゃない、スーパーマンじゃない、チャンピオンじゃない、ヒーローでもない・・・

I am a father・・・

In Christ, 明日は今日よりもいい日になることを信じている。

マック

追伸:親父達よ、今日もがんばろうーぜ!

 

あれやこれやと

デイオフ。

家族がいなくなって、自分なりのペースをつかんできました。何が変わったって、早寝早起きが定着してきました。最近は10時には寝て、4時に起きるような生活をしています。さすがに4時ですと正午まで8時間あるので一日が二日あるような有意義な毎日です。よくよく考えますと来月はサンディゴにいるのは細切れで100時間ほど・・・。これから10日間、240時間を480時間にして過ごしませう(笑)。

午前は色々と野暮用をすまし、アジア系スーパー三軒はしごで一週間分の食材の買出し。ギラギラと照る太陽があまりにももったいなく、途中、ガラガラ蛇と遭遇しながらも山をかけ登り、いい汗かきました。

マック

追伸:今日の発見はこれ。

2011-06-20_11-09-23_52

こちらではあまり“しじみ”は手に入りにくく、あっても高いんですが、某アジア系スーパーで見つけました、アメリカ産。量も多く、リーズナブル。実に10年ぶりのしじみの味噌汁を堪能しました(これって体にいいんですね)。

キリストは今、何をしているのか?

「アップル」というコンピューター会社がありますが、その最高経営責任者でありますスティーブ・ジョブスという人がいます。彼は大きな病気をしまして、一時、そのはたらきから外れました。それと同時にアップルの株価は不安定となりました。しかし、その彼が回復して元気な姿を現すとまた株価が持ち直すというのです。人のリーダーでさえもこうなのですから、イエス・キリストが弟子達の前から姿を消したということは、とてもマイナスに思えることであったに違いありません・・・。


 


 

今日の礼拝プログラムはこちら。 今日の日本語、英語メッセージ原稿、おもちかえりはこちら ↓

マック

続きを読む