申命記:子供達に残す物語がありますか?

Mirror想像してみてください。バックミラーもサイドミラーもない車で片側、六車線のフリーウェイを運転することを。これらのミラーによって今、通り過ぎてきた後ろを見て運転しなければ、私達は前に進むことに困難を覚えます。同じようにイスラエルの民達は過去に神様がどんなことを彼らの先祖達にしてくださったかということを知ることによって、前に進んだのです。

ですから、この申命記でモーセは実に18回も出エジプトの経験を忘れてはならないと触れ、この後にモーセの後を継いだヨシュアの最後の説教も(ヨシュア記24章)、神がイスラエルに何をなしてくださったかということであり、バビロン捕囚から帰還した時にエズラが語った言葉も(ネヘミヤ9章)、ステパノの弁明も(使徒行伝7章)全て、イスラエルがどのようなところを歩んできて、彼らに対して神様はどうあられたかということが語られているのです。彼らは過去を振り返り、それを力として明日を生きる民なのです・・・。


Video streaming by Ustream 今日、礼拝でお話ししました日英礼拝メッセージ原稿、また本日のおもちかえりです↓。今日の礼拝プログラムはこちらから。

マック

続きを読む

巨大サボテンの町から

Tucson世界広しといえども、おそらくその地域だけでしか見れない光景というものがあります。そのユニークな土地がアリゾナ州、ツーソンです。この町にはSaguaro National Parkがあり、砂漠の中に高さ数メートルにおよぶサワロという巨大サボテンがニョキニョキ群生しています。はじめてこの光景を見た時には異星の光景のように思われて、言葉を失うほど感動しました。

その町に私達の姉妹教会であるツーソン日本人教会があります。ツーソン教会にはしばらく専任の牧師がいなかったのですが、この三月からいよいよフルタイムの牧師が遣わされることになりました!その町に住む日本人が集まり、互いに助け合い、祈りあいながら信仰生活をおくっています。もし、何かの機会にツーソンに行かれる方、留学される方、お仕事で駐在される方、どうかこの教会を訪ねてみてください。教会の方々があたたかく迎えてくれます。

今回、神様のお計らいによって何度かこの教会に私達の教会の礼拝DVDを送らせていただき、ツーソンの方達が日曜日にそれを用いて礼拝を捧げてくださいました。このような礼拝は私達がかねてからその可能性を信じ、祈っていることで、その確信をさらに強めてくださいましたツーソン教会に心から感謝しています。

2-19-12 3私の属する団体の日本人牧師の間では「米国全ての州に日本人教会を!」というビジョンを掲げています。しかし実際のところ、日本人がほとんどいない州もあるでしょうし、そこに牧師を送ることは経済的にもとても難しいと思われます。しかしちょっと視点を変えると、この度、ツーソン教会がしてくださったようなかたちで、サウスダコタ州やアラスカ州に住んでいながら日本人教会が辺りに全くない方達が日本語で礼拝を捧げることができる可能性が十分にあります。その数が二人でも、三人でも私達はできる限りのことをさせていただきたいと願っています。

ツーソン教会の皆さん、アリゾナの澄みわたる空に伸びるサワロのようにこれからも、しっかりと地に根をはって、上に上に伸びていってください!

一番近いサンディエゴ教会より(笑)

マック

おすそわけ

世の中には何でそうなるのと思いながらも、ありがたいものがたくさんあります。以前、教えていただいたこれもその一つ。「ちょっと、これ聞きたいな」と街中で米国に電話したいと思いつつ、携帯からはどうしたらいいのだろうという状況で、助けていただいたことが何度もありましたので、おすそわけ。

メディアコールズ

マック

追伸:「ありがたい」って「有ることが難しい」って書くんですね。

Simplicity

Flat,550x550,075,f

聖書、伝道の書7章29節に「God made us plain and simple, but we have made ourselves very complicated」 (TEV)とあります。これが日本語の新共同訳聖書では「神は人間をまっすぐに造られたが、人間は複雑な考え方をしたがる」と記しています。

人間が手をつけていないものが一番、美しいんだなーなんて思っています。

マック

 

サンタクロースに対する私的意見

Santaまったくもってして季節外れな話題ではありますが、サンタクロースについて。

言うまでもなく、私はサンタがトナカイと共にそりに乗って、暖炉から家に入り込み、子供達にプレゼントを置いていくということを信じてはいません(父母が息を殺して、プレゼントを包み、飲み食いされたミルクとクッキーの痕跡を残すことは知っています)。このようなおとぎ話に対して、クリスチャンの子供はどうしたらいいのですかと聞かれることがあります。

わたしの考えはこうです(自分の考えを押しつけようとは思いません)。子供が空想の中に生き、夢の中で空を飛んだり、水の中で怪獣と戦うというようなイマジネーションは、神様が子供に与えてくださっているとても大切なものだと信じます。時がくれば子供達はその空想と現実の区別をしていくことでしょう。その時を待たずして、むやみに大人が「そんなことはないのだ」と何もかも答えを出してしまうのは、いかがなものかと思うのです。

幸いなことに私はサンタという架空の人物を握りつぶさない親に育てられたことを感謝しています。また、かつてサンタを待ち望んでいたことが、天地万物を創造なされた現在の神への信仰の障害となっているということは全くないことを証言します。 それのみか、聖書を読むためにその時代とその場面を「イメージする力」がどんなに大切かということを日々、実感しています(これは子供の時から培うものです)。

子供は子供らしく!大人も時には子供にかえって!

マック

追伸:もう、今年のクリスマスあたりから私と妻がコソコソとサンタを演ずることはなくなるのではないかと思います。「その時」は戸口まできています。

眠れない夜には・・・

頭が冴えていて眠れない時は・・・

法人税法施行令第55条を読む

内国法人の当該事業年度の前事業年度又は前連結事業年度において第一項に規定する損金の額に算入されなかつた金額がある場合において、当該金額に係る追加償却資産について、そのよるべき償却の方法として定率法を採用し、かつ、前項の規定の適用を受けないときは、第一項及び前項の規定にかかわらず、当該事業年度開始の時において、当該適用を受けない追加償却資産のうち種類及び耐用年数を同じくするものの当該開始の時における帳簿価額の合計額を前条第一項の規定による取得価額とする一の減価償却資産を、新たに取得したものとすることができる。

明日のことが心配で眠れない時は・・・

聖書:マタイ6章33節ー34節を読む

まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。だから、明日のことは、おもいわずらうな。明日のことは明日自身がおもいわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。

BED

 

 

 

 

マック

What a wonderful world!

今年もやってきました、サンディエゴ・コロナド・ハマグリ・フェローシップ。二月だっていうのに、本当に決行しちゃっていいの?と迷いつつも、キラキラ光っている海を見れば、そりゃ突進します。しかしながら、最初の15分の冷たいこと、冷たいこと、体中がジンジンし感覚が麻痺ていましたが、15分を過ぎれば峠は越え、海底から伝わる感触に集中。今日は波が高く、かぶっていたニット帽もサングラスも波にもまれて、全て流されました。

Winter vision clamming 086

今日の相棒のHと波にもまれながら、我らすっかり童心です。我を忘れて没頭する男達の姿を見ると、やっぱり男は狩人なんだなと思います(笑)。今回は少年達もがんばり、一人ももれることなく皆が収穫していました。彼らは「ゴツン」という感触を生涯、忘れることがないでしょう。一度、その手にその感触を感じてしまいましたから、これから彼らは必ずこの海に戻ってくることでしょう。

Winter vision clamming 133

今日の収穫は50個以上!幾つかを炭火の上に置き、醤油と日本酒をたらし、いただきました。言うまでもなく、うまか!です。各家庭が二個以上、持ち帰ることができましたので、今晩は、それぞれの料理で楽しんだことでしょう。

Winter vision clamming 167

Winter vision clamming 174

噛みきれない、どでかハマグリの食感は少年の心にしっかりと刻まれたことでしょう。世界にはiPodよりも楽しいことがいくらでもあるのだ!ということをもっともっと知ってほしいものです。

Winter vision clamming 184

突撃隊、チャプチャプ隊、マッタリ隊、味見隊、井戸端会議隊を含め、50人ぐらいが集まり、一同、天父の懐の広さにあらためて感動しました。ルイ・アームストロングの「What a wonderful world」が聞こえてきそうな実にすばらしい一日でした!

Winter vision clamming 163

マック

 

民数記:荒野で生きるために

Numbers「数字」というのはとても大切なものです。なぜなら経済成長をあらわす数字にしても血圧の数値にしても、数字はハッキリとその現状を指し示すものだからです。あの田中角栄が国民の支持を得たのは、生まれもったカリスマ性と、剛胆でありながらも、誰も真似できない細かな気配りがあったと言われますが、同時に氏が類い希な記憶力をもっていて、日本国の現状というものを官僚が舌を巻くほどに、全て資料を見ずとも、数字で言い表すことができたからでした。数字には強い説得力があり、そのことによって国民は日本が、ひいては自分が置かれている状況をはっきりと把握することができたのです。

 

  

今日、礼拝でお話しした「日英原稿メッセージ」、および「本日のおもちかえり」です↓。「本日のおもちかえり」はその名のごとく、各自にお持ち帰りいただいて、もう一度、聖書の言葉に向かい合っていただくものです。「カレーは翌日がうまい」といいますが、日をおいてまた今日の聖書箇所を読んでみて下さい。今日の礼拝プログラムはこちらから

マック

続きを読む