最後は人間

『神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった』(創世記1章30節)

IKEAに行けば、憧れのモデルルームが展示されています。まさかある朝、あの素敵な部屋が突然できていたということはないでしょう。その背後にはあれやこれや、バランスや色合いを考えて、その部屋を見る人の気持ちを考えながらセットしたインテリアー・デザイナーがいたに違いありません。

私達はこの夏、アメリカを南北に縦断することにより、手つかずの大自然を楽しみました。そこから確信したことは、この世界の背後にもデザイナーがいるということであり、その自然はただそこにあるだけではなく、その自然を通して誰かが喜び、驚嘆し、楽しみ、感動し、癒され、慰められる・・・ために意図的に創造されたものだということです。そして、その誰かとは私達、人間なのです。

『神は自分のかたちに人を創造された』(創世記1章27節)。

「自分のかたちに」とはその「姿かたち」を意味するのではなく、神が造られたものに対して、感情、知性、理性、良心をもって応答できる存在として人間は造られたということです。このことはエルクやグリズリーにはできないことです。私達が神が造られたものを喜び、楽しむこと、それを神は喜ばれていることを確信します。

この夏のクライマックスはこの旅行の間に出会った人達でした。神の壮大な大自然の中、場所は違えど皆がそれぞれの国地域で主と共に暮らしているということを知ることができたことが最大の収穫でした。短い間でしたが心のアルバムの中に確かにお一人お一人の笑顔が残されました。ということで、この夏に出会った方達との写真を持ってこの夏の旅行をしめたいと思います。素晴らしい出会いに乾杯!

レスブリッジの兄弟姉妹。何よりもひさしぶりの再会に感謝します。サンディエゴとは全く違うライフスタイルを体験させていただきました!なにからなにまでありがとうございました。

Canada 2012 534

皆さんとの一週間がこの旅行のクライマックスでした!全ての出会いに心から感謝します!

Canada 2012 814

麗しい、麗しい、麗しい、それにつきます!

Canada 2012 817

なんとも絶妙な雰囲気をかもしだしていた八人の侍!行く先、無敵です(笑)。

Canada 2012 827

18時間かけて来てくださったバンクーバーの兄弟姉妹。次、会う時には金八道を極めておきます・・・(笑)。

Canada 2012 835

これからも在住カナダ日本人、日系人に神様の祝福がありますように!

Canada 2012 868

バンフの兄弟姉妹。このユニークな町でのミニストリーが祝されますように!M先生、一日をいただき、ご案内いただきありがとうございました。忘れられない一日となりました。

Banff with Muranaka sensei 004

最後に『地上では旅人であり、寄留者であることを・・・』(ヘブル11章13節)共に共有してくださったMファミリーに感謝します!

Last three days of driving canon 010

唯一の全体写真?(笑)

Banff 2012 Yamanaka sensei 015

そして、私達の旅はまだ終わりません・・・

Last three days of driving canon 120

We will be back!

マック

 

 

 

 

 

 

雅歌:男女の愛について書かれた書

男女の関係についてキリスト教の歴史は長い間、誤った対応をしてしまったと思われます。すなわち男女の間における愛とその関係というものを私達は過小評価し、それを忌むべきもの、汚れたもの、時には罪としてとらえ、それを禁欲の対象としてしまった経緯があります。そのことゆえに世界各地の教会で今日、大変な問題が起きてしまっていることを私達は知っています。もし、私達がしっかりとこの雅歌のような書を受け止め、そこから学び、神様が造られた男と女というものを理解していたのなら、そのような過ちを犯さずに神様が男女に与えられている祝福を受けることができたでしょう。私達はこの朝、この雅歌が聖書の一書として記されているということ、すなわち聖書が男と女の関係をとても大切なものとしてとらえているということを確認しましょう。

  

 

本日礼拝でお話した「日英礼拝メッセージ原稿」、および「本日のおもちかえり」です↓今日の礼拝プログラムぷはこちらから。

マック

続きを読む

小さな人達

Mt Edith Cavell in Jasper National Park, Canada

Canada 2012 122

Canada 2012 123

Canada 2012 131

Canada 2012 169

Canada 2012 173

Canada 2012 235
Canada 2012 270

この日はちょうど日曜日。この氷河を前に礼拝を捧げました。礼拝が終わったと同時に目の前の氷河が轟音と共に落下していく様を目の当たりにしました。

CIMG7052

静まって、わたしこそ神であることを知れ』聖書 詩篇46篇10節

 

 

荘厳

Canada 2012 391

Canada 2012 404

Canada 2012 366

Canada 2012 367
もろもろの天は神の栄光をあらわし、大空はみ手のわざをしめす。この日は言葉をかの日につたえ、この夜は知識をかの夜につげる。話すことなく、語ることなく、その声も聞こえないのに、その響きは全地にあまねく、その言葉は世界のはてにまで及ぶ。 聖書 詩篇19篇1節ー3節

Jasper-Banff, Icefields parkwayにて

マック

 

釣り人達

モンタナでトラウトを釣る。これは長い間の夢でした。この夢をかなえてくださったのがカナダ、レスブリッジに在住しており今も週に二回は釣りに出かけるというHさんと友人のEさん。私達総勢九名のためにDuck Lakeという湖で竿を用意して迎えてくださり、親切に色々なことを教えてくださいました。

CIMG6185

そこで私達は寡黙な釣り人となりました。

CIMG6199

この子の場合、そのまま現地に置いてこようかと思いました(笑)。

Canada 2012 027

一番最初にヒットしたのがQちゃん!これで皆に火がつきました。いい型のレインボーです。

Canada 2012 043

わたしは一匹も釣れませんでした。でも釣れなくても青空に包まれて、内なる満足感にひたり、心の洗濯ができました。

Canada 2012 090

「魚を釣りたい一心が、魚以外の実に多くのものに私を逢わせてくれた」 醍醐麻沙夫

マック

追伸:Hさんが自ら作られたフライ。憧れるな~。また行きます!

CIMG6219

 

雪登山

まさか雪登山になるとは思ってもいませんでした。場所はアメリカとカナダにまたがる「大陸生態系の頂点(Crown of the Continent Ecosystem)」と称されるグレイシャー・ナショナル・パーク

最後にHidden Lake(なんとも魅力的な名前)があるということで歩き出した巨大な園内にあるトレイルはやがて・・・。

July 22-July 27 2012 Vacation 722

Canon July 22- July 27 Vacation 681

Canon July 22- July 27 Vacation 588

Canon July 22- July 27 Vacation 673

Canon July 22- July 27 Vacation 603

Canon July 22- July 27 Vacation 583

CIMG6115

歩き疲れて雪解けの水を飲む子ら。

Canon July 22- July 27 Vacation 665

そして最後に見たものが美しすぎました。今まで見てきた人が作った何よりも・・・。

Canon July 22- July 27 Vacation 652

PRAISE GOD!

マック