鳥肌がたちました

Q

取り急ぎ以下、聖書、イザヤ書の言葉をまずお読みくださいませ。

またクロスについては、『彼はわが牧者、わが目的をことごとくなし遂げる』と言い、エルサレムについては、『ふたたび建てられる』と言い、神殿については、『あなたの基がすえられる』と言う」(聖書:イザヤ44章28節)。

『わたしはわが受膏者クロスの右の手をとって、もろもろの国をその前に従わせ、もろもろの王の腰を解き、とびらをその前に開かせて、門を閉じさせない、と言われる主はその受膏者クロスにこう言われる、「わたしはあなたの前に行って、もろもろの山を平らにし、青銅のとびらをこわし、鉄の貫の木を断ち切り、あなたに、暗い所にある財宝と、ひそかな所に隠した宝物とを与えて、わたしは主、あなたの名を呼んだイスラエルの神であることをあなたに知らせよう』(聖書:イザヤ45章1節ー3節)

わたしは義をもってクロスを起した。わたしは彼のすべての道をまっすぐにしよう。彼はわが町を建て、わが捕囚を価のためでなく、また報いのためでもなく解き放つ」と万軍の主は言われる(聖書 イザヤ45章13節)。

上記の聖書のイザヤ書にはクロス(キュロス)という名前が何度も出てきます。神がこのクロスをその目的のために用いて、捕囚民を解き放つというのです。クロスとは誰でしょう。クロスとはペルシアの初代王であったクロス大王のことを示します。驚くべきことはこの聖書の言葉を書き記した預言者イザヤは、このクロスが誕生する以前に彼の名前を名指しし、彼がバビロンを征服し、バビロンの捕囚民となっていたイスラエル民族を彼が解放し、祖国に帰還させるという預言を記しているのです(イザヤがこの預言を書き記した時にイスラエルはまだ、バビロンの捕囚民にすらなっていなかったのです!)。

歴史年表を見れば明らかですが、これら一連のことはイザヤ書が記録しているように起きました。南ユダ王国はイザヤの上記の預言から約100年後の紀元前586年にバビロンのネブカデネザル王によって征服され、エルサレムの神殿は破壊され、ユダヤ人はバビロンに連行されていきました。俗に言うバビロン捕囚です。しかし、そのバビロンはイザヤが預言したとおりに紀元前539年頃にクロス王が支配するペルシヤによって征服され、彼はバビロンの捕囚民となっていたユダヤ人達にエルサレムに帰還して神殿を再建する布告を出し、それによってユダヤ人達は実際にエルサレムに帰還したのです。

このことについて最近「世界最初の人権宣言」というニュースを聞いて鳥肌がたちました。その宣言はくさび文字で記録された円柱の古文書で(上写真)、な、なんと、この宣言を出したのはクロスその人であり、この文書によればクロスがバビロンを滅ぼしたとあり、彼は諸民族を解放し、弾圧や圧政を廃し、宗教の自由を与え、寛容な支配を繰り広げた様が描かれており、この円柱は世界最初の人権憲章として、現在、大英博物館に保管されているというのです。

当時の王というのは独裁的、残虐で、とても人権などを念頭に置くことがなかったということを思います時に(マグナ・カルタが1215年ですから、その時よりもさらに1750年も昔です)、イザヤが記していますようにクロスが「価のためでなく、また報いのためでもなく捕囚民を解き放った」(上記イザヤ書45章13節)という常識では考えられないことをしたという、そのことの背後にはやはり神の介入があったとしかいいようがありません。

聖書を読んでいるとこのような背筋がゾクゾクするようなことに多々、直面します。生きているうちにこの円柱は是非、見ておきたいものです。

マック

 

 

 

いつまでも残るもの

たべすぎさんこと、Mさんが先週のサンクスギビングディーをスライドショーにしてくださいました。

Click to play this Smilebox slideshow
Create your own slideshow - Powered by Smilebox
Free picture slideshow made with Smilebox

 

共有した時間は失われることなく、いつまでも残ります。最期の日、全てのものはこの地に置いていかなければなりませんが、思い出だけは天国に持参できると信じています。

マック

ミカ書:700年の忍耐と永遠の回復

KOKURENニューヨークの国連本部に行きますと、その礎石に刻み込まれている言葉があります。そこには聖書、イザヤ書2章4節の言葉が記されています。

「こうして彼らはそのつるぎを打ちかえて、すきとし、そのやりを打ちかえて、かまとし、国は国にむかって、つるぎをあげず、彼らはもはや戦いのことを学ばない」

実はミカ4章3節にはこのイザヤ2章4節と全く同じことが書かれています。ミカとイザヤは同時代の人で、互いの交流があったようです。彼らは厳しくイスラエルの罪の裁きを伝えながらも、この世界に実現する戦のない平和を神様によって示され、そのことで互いを励まし、勇気づけていたのでありましょう。

この国連の言葉にはイザヤもミカも記しているある言葉がぬけています・・・。 



Video streaming by Ustream 

本日礼拝でお話した「日英礼拝メッセージ原稿」、および「本日のおもちかえり」です↓。 

本日の礼拝プログラムはこちらから。

マック

続きを読む

家族が集まるところ

今年も残すところ一月あまり。この時期にむかえるサンクスギビングディーとクリスマスを多くの人達は心待ちにしています。その日には遠方にいる家族が帰省し、皆が集まり、食卓を囲み、しばしの時を過ごします。

そんなサンクスギビングを願って、教会でもこの日をお祝いし、多くの方達が集いました。皆で賛美を歌い、祈り、聖書の言葉を読み、そして備えられた食事をいただきました。このために数日前から、また当日も朝から準備に来てくださった方達がいました。また、皆がポットラックをもってきてくださり、美味しい食事が並べられました。

PB220112

 

 

 

 

 

 

この日にどうしてもしたかったことは集まった方達と一つのテーブルにつくこと。そして、教会を自宅のリビングルームのようにしたかったこと。なぜなら、そこは神の家族が集まる場所だからです。

私達が自宅で食事をする時、一つのテーブルを囲んで家族が座ります。父母と子供達と祖父達がそれぞれのテーブルについて食事するということはありません。一つのテーブルは一つの家族の象徴です。ということで巨大なテーブルができあがり、皆で食卓を囲みました。

PB220124

 

 

 

 

 

 

そして家族が集まる時、それは最もリラックスする時です。食事が終われば、各々、ソファーに寝転がったりしてテレビを見たりします。だから今回はホールにテレビのセットのように畳をひいて、ソファーを置きました。すぐにそこは子供達のたまり場となりました。

PB220116

 

 

 

 

 

 

今回の試みから学び、また何かの機会には教会をリビングルームにして寛ぎたいと願っています。素晴らしい2012年のサンクスギビングディーを与えてくださった天の父なる神様に感謝して・・・。

マック

 

「ナホム書」と「コラーゲン」

Ne0107_chickensoup_lg一人、教会にてオフィスとキッチンを行ったり来たりしています。

オフィスではカタカタと旧約聖書、ナホム書から礼拝メッセージをまとめています。古代アッシリアのニネベに対して滅びの宣告をする預言者ナホムの心を煮詰めています。

それと同時進行でキッチンでは昨晩、もたれましたサンクスギビングディナーでいただきましたターキー二羽の立派な骨と大蒜、生姜、ニンジン、昆布、煮干・・・を入れた鍋をグツグツと、こちらも煮込んでいる最中です。

礼拝メッセージは「崇高な頂」で練られるものではなく、「生活の只中」から生まれてくるものであるということを信じており、オフィスとキッチンの行き来の間にインスピレーションが与えられ、まことに理想的な環境に今、いると思い感謝しております(笑)。

マック

追伸:SDJCCの皆さんには日曜日に、聖書の言葉という霊的な糧と共に、スタミナ、コラーゲンたっぷり、風邪を吹き飛ばす栄養万点のスープをお楽しみいただけたらと願っています。

心の土壌

Dinner今日、アメリカでは感謝祭をお祝いします。教会では今晩「どなたもウエルカム!サンクスギビングディナー」を備え、子供から大人までこの日を喜び、感謝し、楽しみます!

さてさて以下は昨晩のサンクスギビング・イブ礼拝にてお話したショート・メッセージです。よかったらお召し上がりくださいませ。

松下電器の創業者、松下幸之助は、新入社員を雇う面接の時に必ずこの質問をしたそうです。「あなたの人生は、今までツイてましたか?」そして「いいえ、ツイてません」と答えた人は、採用しなかったそうです。逆に松下さんは「ツイてました」と答えた人は積極的に採用したそうです。

なぜ松下さんは「自分はツイている」と言った人達を採用したのでしょうか。「わたしはツイてます」と言える人の心には、何があるのでしょうか?「わたしはツイてます」と言える人の心には「自分の力だけじゃない」というまわりに対する「感謝」の気持ちがあるのだそうです。すなわち「ツイていた」ということは「私はなんと恵まれているのだろうか」ということであり、イコール「私はなんと多くの人に助けられてきたのだろうか」ということを意味するからだそうです。

 反対に「ツイていない」ということは、自分の「人生には不運が多かった」ということです。そして「不運だ」と思う心は大抵「なぜなら、あれがあったから、これがなかったから」と物や自分以外の人達に対する不満があることであり、松下さんはそのような心は不毛の地であり、そこからは何も育たないということをよく知っていたのではないかと思われます。

このことを心にとめて、聖書を開いてみましょう。

続きはこちら

続きを読む

食卓の孤立

TABLE私達が誰かと食卓を囲んで食事をしていたとします。それぞれが自分の置かれている状況を話し、未来について語り、皆がそれにうなづき、笑い、新しい意見が飛び交うというような楽しい食卓です。しかし、そこに座っていた一人の人には自らの考えていることを話す機会がほとんど与えられなかったとしたら、その人は悲しく、悔しい思いをするでしょうし、そのような日が長い間、続くとするならばそれがフラストレーションとなり、いつの日かその人は自らを爆発させることによって「私はここにいるのだ(いたのだ)」ということを言い表すかもしれません。

 

このことが「911」を引き起こした一つの原因だったということを以前、聞いたことがあります。

 

一度、停戦合意に向かったイスラエル・ガザで起きている問題は結局のところ、今も停戦にいたっていないようです。正直、申しまあげますと私の場合、周りにはイスラエル側の主張を話してくれる人はたくさんいますが、パレスチナ側(アラブ側)の主張について話してくれる人はほとんどいません。

人間は不完全であるゆえに、その成すことには常に間違いがともなうという聖書的大前提にたって、私の場合、双方の主義、主張を聞くところから、特に今までよく知らなかった側の思いを聞くところから、全てが始まるのではないかと、そんなことを最近は考えています。

マック

 

 

 

 

 

日々、感謝する理由

日本のテレビでは夏になると夜のプライムタイムに「怪談」が取り上げられます。芸能人達が体験した怖い話を聞くことにより、ゾッと背筋が凍りつく、それで暑さをしのぐというようなことがあるようです。ですから冬にはそのような怪談は取り上げられません。寒い冬に追い討ちをかけるかのようにゾッとさせてくださいという人はいません。

テレビ局が一番、視聴者が多い時間帯に「怪談」をもってくるということ、そのような国は世界にあまりないのです。時に日本という国は表向きは仏教の国と言われつつも、実際は無宗教の国だといわれます。常日頃「宗教なんて」と言っている人達が、しかし、幽霊の話には耳を傾けるのです。言い方を変えれば無宗教と呼ばれながら、霊の話に大きな興味があるということです・・・。

本日の礼拝動画です ↓ 



Video streaming by Ustream 本日礼拝でお話した「日英礼拝メッセージ原稿」、および「本日のおもちかえり」です↓。 

本日の礼拝プログラムはこちらから。

マック

続きを読む