独裁者

最近、「人生はクローズアップで見れば悲劇 ロングショットで見れば喜劇」なんていうチャップリンのただならぬ言葉をリトィートしていましたら「独裁者」の“あの演説”をまた観たくなりました。

「独裁者」、最後の演説。 

I’m sorry but I don’t want to be an Emperor – that’s not my
business – I don’t want to rule or conquer anyone. I should like to help
everyone if possible, Jew, gentile, black man, white. We all want to help one
another, human beings are like that.

We all want to live by each
other’s happiness, not by each other’s misery. We don’t want to hate and
despise one another. In this world there is room for everyone and the earth is
rich and can provide for everyone.
The
way of life can be free and beautiful.
But
we have lost the way.

Greed
has poisoned men’s souls – has barricaded the world with hate; has
goose-stepped us into misery and bloodshed.
We
have developed speed but we have shut ourselves in: machinery that gives
abundance has left us in want. Our knowledge has made us cynical, our
cleverness hard and unkind. We think too much and feel too little: More than
machinery we need humanity; More than cleverness we need kindness and
gentleness. Without these qualities, life will be violent and all will be lost.

The
aeroplane and the radio have brought us closer together. The very nature of
these inventions cries out for the goodness in men, cries out for universal
brotherhood for the unity of us all. Even now my voice is reaching millions
throughout the world, millions of despairing men, women and little children,
victims of a system that makes men torture and imprison innocent people. To
those who can hear me I say “Do not despair”.

The
misery that is now upon us is but the passing of greed, the bitterness of men who
fear the way of human progress: the hate of men will pass and dictators die and
the power they took from the people, will return to the people and so long as
men die [now] liberty will never perish…

Soldiers
– don’t give yourselves to brutes, men who despise you and enslave you – who
regiment your lives, tell you what to do, what to think and what to feel, who
drill you, diet you, treat you as cattle, as cannon fodder.

Don’t
give yourselves to these unnatural men, machine men, with machine minds and
machine hearts. You are not machines. You are not cattle. You are men. You have
the love of humanity in your hearts. You don’t hate – only the unloved hate.
Only the unloved and the unnatural. Soldiers – don’t fight for slavery, fight
for liberty.

In
the seventeenth chapter of Saint Luke it is written ” the kingdom of God is
within man ” – not one man, nor a group of men – but in all men – in you, the
people.

You
the people have the power, the power to create machines, the power to create
happiness. You the people have the power to make life free and beautiful, to
make this life a wonderful adventure. Then in the name of democracy let’s use
that power – let us all unite. Let us fight for a new world, a decent world
that will give men a chance to work, that will give you the future and old age
and security. By the promise of these things, brutes have risen to power, but
they lie. They do not fulfil their promise, they never will. Dictators free
themselves but they enslave the people. Now let us fight to fulfil that
promise. Let us fight to free the world, to do away with national barriers, do
away with greed, with hate and intolerance. Let us fight for a world of reason,
a world where science and progress will lead to all men’s happiness.

Soldiers
– in the name of democracy, let us all unite!

『神の国は実にあなたがたのただ中にあるのだ』聖書 ルカ17章21節

マック

追伸:水を差すようですが「Reason(理性)」とか「Democracy(民主主義)」が最後の寄り所になるとは私には思えません(当時の時代背景が多分にあると思います)。しかし、それにしても1940年にこの映画が公開されたということを考えると、やはりチャップリンってただ者ではありません。

 

松林の向こう側

Placebeyondthepines_1

デイオフ。

The Place Beyond The Pines」を観ました。140分の長い映画ですが、最初の一時間ほどで第一の物語が終わり、「おやっ」と思っているうちに続きが始まります。

もう少し手を加えれば第一の物語だけでも映画として成り立つのですが、製作者がそこで終わりにしなかったところにこの映画のテーマがあるように思えます。まさしく、そのタイトルが示しているように観衆は第一の物語である松林を歩き、一つの解決と共にそこから出てきますが、さらにその先には未踏の道があり・・・。

毎日、全てが「、」(コンマ)。何ごとも松林の先にはさらなる道ありき・・・。

マック

 

ガラテヤ書:信仰こそ

どんなに背伸びしても、飛び跳ねても、天に手が届かないように、私達は自分の努力によって神に自分を是認させることはできません。全てはこの気づきから始まります。



Video streaming by Ustream 

Video streaming by Ustream 

Video streaming by Ustream

今日の礼拝でお話した「日英両語礼拝メッセージ原稿」および「本日のおもちかえり」は ↓ から。本日の礼拝プログラムはこちらから。 

マック

続きを読む

いやはや

いやはや、気がつけば今週は一度もブログをアップせずに土曜となってしまいました。毎日が早く、しっかりと足を地につけて歩まなければならないとあらためて感じております。

明日の礼拝メッセージと来週の提出すべきメッセージ、どちらもどうにかまとまりつつあります。牧師になって17年、これまで「今日はメッセージができませんでした」という日曜日が一日もなかったこと、『主の山に必ず備えあり!』、このことは100%、神様のあわれみです。

今夕、サンディエゴに戻ります。皆さん、よき週末を!

マック

コリント第二の手紙:「新しさ」を自覚していますか?

既にお亡くなりになりました井上ひさしさんが、その死の直前まで描こうとしていた実話があります。それは戦争が終わったことを知らぬままに沖縄の伊江島(いえじま)のガジュマルの木の上で二年間暮らした二人の兵士の物語です。それが最近、井上さんの遺志を継いだ者たちによって脚本家されて「木の上の軍隊」として公演されているというのです。

 私もかつてガジュマルが生息する地域に住んでいましたので、ガジュマロがどんな木か知っています。その木は横に平らに広がる木で、とても登りやすく、その上に留まることも他の木々に比べたら、たやすいかと思いますが、その上にいくらなんでも二年も住んだ人がいたということは驚きます。私はその演劇を見ていないので、詳細は分かりませんが、木から下りることができなかった理由が、まだ戦争が続いていたというものであるのなら、なんということかと思います。

 思えば横井庄一さんという方もいました。横井さんは太平洋戦争時、日本兵としてグアムにいましたが、1945年の日本軍の無条件降伏の発令を知らずに、ジャングルや地下壕で暮らし、終戦から28年後に見つけられて日本に帰国しました。「生きて本土へは戻らぬ決意」でグアムに出兵した記憶があり、帰国の際、羽田空港に降り立った横井さんの一声は「恥ずかしながら帰ってまいりました」というものでした。ガジュマルの木の上で2年、生きた二人も、28年隠れて生きていた横井さんも戦争は終わって、新しい時代となっていたことを知った時に、まず思ったに違いありません。「なぜ、俺はもっと早くこのことに気がつかなかったのだ!」と。

 ガジュマルの木の中に、ジャングルの中に身を隠していた人達を思います時に、私達は神の前に罪を犯し、その恐れゆえにエデンの木々の間に身を隠していた、あのアダムとイブを思い起こします。もはや、自らの罪を覆い隠す必要はない、そのような古き時は終わっているのです。私達は神の光の中、生きることができる、私達はその新しい契約のもとにおかれ、新しくされるのです。



Video streaming by Ustream 



Video streaming by Ustream 

礼拝でお話した「日英両語礼拝メッセージ原稿」および「本日のおもちかえり」は ↓ から。本日の礼拝プログラムはこちらから。 

マック

続きを読む

原発に一番近い教会

テレビ朝日「テレメンタリー」で今年3月18日に放映された「3.11を忘れない 原発に一番近い教会」

 

『わたしはこの岩のうえに“翼の教会”を建てよう。黄泉の力もそれに打ち勝つことはない』(マタイ16章18節)  

マック 

追伸:「私達の現在の経験は、未来の誰かのためにあるのです」という佐藤彰先生の言葉を心に刻みました。       

 

 

 

善良な人達

Seat「飛行機に乗っていて緊急の病気になったら、機内に医師がいても誰も助けてくれないらしいよ。万が一の場合、その医者が訴えられるから」。アメリカに住んでいる方なら一度はこんなことを聞いたことがあるかもしれません。そう、この国は訴訟社会であり、とんでもないことで訴えられたなんて話はいくらでもあります。

先月、搭乗したサンフランシスコ発、仁川行きの機内でのこと・・・。離陸して5,6時間経ってからでしょうか、機内アナウンスがありました。「もし、お客様の中で医師の方がいましたら助けていただけないでしょうか。ただいま、機内にて気分を害している方がいます」

振り向くと私の斜め後方の人が通路に横たわっており、その周りに数人のスチュワーデスが取り囲んでいました。その方はピクリとも動かず、緊迫した雰囲気が伝わりました。アナウンスするとすぐに医師が一人、また一人と集まってきて、数分のうちに3、4人となり、限られた医薬品や酸素ボンベのようなものを駆使しながらの治療が始まりました・・・。そのような状況で二時間ほどが過ぎたでしょうか、横になっていた方も意識を取り戻し、命に別状もないようで、安心しました。

私はかつて一瞬でも「そうか、緊急の場合でも医師は来ないのか」と思ったことを悔い改めました。ボストンでの爆破事件や大統領や議員宛てに送られた毒物封筒の件等、心痛むことが起き、互いに疑心暗鬼に陥ってしまうような私達の世界ですが、善良な人達は私達が思う以上に周りにたくさんいると信じています。

外は快晴!さぁ、今日も顔晴りましょう。

マック

追伸:ブログ開示後、M師匠よりこんな法律を教えていただきました(恥ずかしながら、私はこの法律を知らず、勉強になりました)。名前がこれ以外には考えられないというほどにいいですね!まさしくこれぞ、イイネ!

竜馬なくして同志社なし?


Nijima
わが思いは、あなたがたの思いとは異なり、わが道は、あなたがたの道とは異なっていると主は言われる。天が地よりも高いように、わが道は、あなたがたの道よりも高く、わが思いはあなたがたの思いよりも高いイザヤ55章8節-9節 

NHKで新島八重の生涯をつづったドラマが放映されていますが、ご存知のように、その八重の夫は新島襄です。新島は1864年、海外渡航が禁止されていた時代に国禁を犯してアメリカに渡りました。その密航に協力した沢辺琢磨は坂本竜馬の従兄弟で、この沢辺は彼の故郷、土佐で犯したある事件の訴追を逃れるために、竜馬の助けを得、土佐から逃げ、日本各地を転々とし、函館にたどり着き、当地で日本ハリストス正教会のクリスチャンとなり、後に日本初の司祭となりました。

沢辺の助けを得て渡米した新渡戸は1866年、アンドーヴァー神学校で洗礼を受け、1870年にアマースト大学を卒業しました。このアマースト大学では後に札幌農学校教師となるウィリアム・クラークから科学の授業を受けており、クラークはこの日本人との出会いがきっかけとなり来日するようになりました。

日本の法を犯して渡米していた新島はアメリカ訪問中の岩倉具視に出会い、その語学力が高く評価され、過去の罪が赦免され、岩倉の使節団に追随して、欧米各地をまわり帰国します。時の政府は新島の卓越した能力を評価し外務省でのポストを提示しますが、日本伝道という使命のために帰ってきたという新島はその優遇を断り、今日の同志社大学を建てました。

竜馬なくして沢辺なし、沢辺なくして新島なし、新島なくして同志社大学、そしてクラークなし。神様は私達の世界をいつもこのようにして導かれます。

マック