仮の宿に暮らしている私達

寄留者とは「仮の場所に住んでいる人」ということです。私は先週、池袋の安宿の一室にいました。スーツケースを一つだけ持って、そこにやってきました。その宿に四泊して帰ってきました。ですから、それは明らかに旅であり、私はしばし東京という町に寄留したのです。

同じように聖書は一つ所に80年住んでいても、私達は旅人であり、私達は仮りの場所に住んでいるのだと言います。そうです、少しばかりそこに留まる日数は多く、荷物も多いのですが、この地上での人生も借り宿なのです。

本日の「礼拝プログラム」「一日一生」「礼拝映像」「ポッドキャスト」はこちらから。

↓ 今日の「日英礼拝メッセージ原稿」、「おもちかえり」はこちらから ↓

続きを読む

権威のもとに生きる幸い

2006年3月11日、アトランタの裁判所で強姦罪で起訴され審理中だったブライアン・ニコラスという男が法廷で警官から銃を奪い裁判長ら3人を射殺して逃走した事件がありました。

彼は逃走したアトランタ北の住宅地で26歳のアシュリー・スミスさんに銃をつきつけて部屋に監禁しました。彼が数十分前にしたことを考えれば、人質となった母に何が起こるのか、私達の脳裏には最悪のことしか思い浮かびません。しかし、事は私達が想像するものとは全く違ったものとなりました・・・。

本日の礼拝映像、礼拝プログラム、一日一生、ポッドキャストはこちらから。

↓ 礼拝メッセージ原稿、おもちかえりはこちらから ↓

続きを読む

神のはたらかれる余地を確保する

怒りと復讐の心がある時に、私たちは完全にそれらの感情に支配されています。すなわち、私たちはそれらの苦い思いの奴隷となってしまうのです。朝から晩まで、その人のことを思うと、その顔を思い起こすと、脈拍は増え、心が騒ぎます。

ああ、悲しいかな、その相手は今頃、私達の気持ちなど露知らず、安らかに昼寝しているかもしれません。楽しく旅行をしているかもしれません。

しかし、私達の気持ちは怒りに燃え、体はそのストレスにむしばまれ、時には心身を病んでしまうのです。そんな私たちの状態を自由と呼ぶことはできません。それはあたかも見えないロープで心身共にがんじがらめに縛られたような状態なのです。

本日の「礼拝プログラム」、「一日一生」、「礼拝映像」、「ポッドキャスト」はこちらから。

↓ 今日の「メッセージ原稿」、「おもちかえり」はこちら ↓

続きを読む

これから10年に不可欠なこと

私達の仕事、労働に関して言えば、これから私達が直面することはAI (Artificial Intelligence)という人工知能を有するコンピューターがますます導入されます。そしてこのAIにより、今私達が従事している仕事の多くは10年後にはなくなると言われています。

英オックスフォード大学で人工知能の研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授によると、今後10年から20年程度で、米国の総雇用者の約47パーセントの仕事がコンピューターによって自動化されると言われています。あのビル・ゲイツは言いました。「創造性を必要としない仕事はすべてテクノロジーによって代行される」。

最近はチェックを自分のアカウントに入金するために銀行にわざわざ行く必要がなくなりました。全てスマホでできるのです。そんなことでしばらく銀行に行っていなくて、先日、行ってみましたらブースの半分が取り除かれそこには二つの大きなATMが置かれていました(スーパーもそうでしょう)。

そのマシンによって、これまでテイラーがしていてくれたことが出来てしまうのです。キャッシュは全て機械の中なのですから、このことにより銀行強盗の防犯になるでしょうし、機械は文句は言いませんので雇用主にはメリットは多いことでしょう。しかし、親しくしていたテイラーはまだ雇用されているのだろうかと心配になりました・・・。

本日の「礼拝プログラム」、「一日一生」、「礼拝映像」、「ポッドキャスト」はこちらから。

↓ 今日の「メッセージ原稿」、「おもちかえり」はこちら ↓

続きを読む