他人事ではない殺人

幼い子供が、疲れている、喉が渇いている父親を見て、水を飲ませてあげようと思って水を汲んでもってきます。しかし、その子は外で泥遊びをしていたので、その泥がコップにもついています。決してキレイとはいえません。それを見た父親がもし「こんな水飲めるか!」と子供に向かって言うならば、それはその子供の心を、その思いを殺していることです。

「今日、こんなに残念なことがあったの」と語りかけてくる妻に対して「俺は今、疲れているんだ、そんなことたいしたことないだろうが!」と、もし言うのなら、その言葉は妻の心を殺しています。

これらのことにより、私達は法的な罰を受けることはないことでしょう。しかし、その人の心には突き刺された傷が残り、その心が枯渇し、死に瀕してしまうことがあるのです。今日という日、この静かな殺戮がいったいどれだけ起きていることでしょうか・・・。

今日の「礼拝映像」「ポッドキャスト」「一日一生」はこちらから。
今日の礼拝メッセージ原稿、おもちかえりはこちらから ↓

続きを読む

取るべき地はまだある

チャールズ・ワグナーというフランス人の牧師は言いました。年をとることは悲しいことではないと言うことは難しく、そう言える人は、ほとんどいないでしょう。もし、あなたが過ぎ去った年月を取り戻そうと努め、髪が白くならないように、また目がかすみ、額にしわが寄らないようにしたいと思っているなら、確かに年を取ることは悲しいことです。

しかし、この世で最も美しいものの一つは、経験を積んでより寛容に、より優しくなった老人です。人間をその弱さにもかかわらず愛することができ、青年達をその若さゆえに軽んじない老人です。そのような人はストラディバリウスのバイオリンにたとえることができます。年を取るにつれてその音色は洗練され、その価値は百倍にもなります。そして、まるで魂を宿しているかのようになるのです。

今日の「礼拝映像」「ポッドキャスト」「一日一生」はこちらから。
今日の礼拝メッセージ原稿、おもちかえりはこちらから ↓

続きを読む

父母を敬うことは、神と自分を尊ぶこと

私は齢を重ねるたびに血というものを意識するようになりました。この写真は7年前に私が韓国の家族を訪ねた時に私の兄と撮った写真です私が生まれた時に兄は既に成人しており、兄というよりも私の父親のような存在です。

私はソウルで生まれてから二年足らずで日本に戻り、日本人として育ちましたので、韓国で暮らす兄と暮らしたことはありません。しかし、私は彼と同じ血を親から受けているのです。そのことゆえに、見てお分かりのように兄の姿は、私のこれから向こう10年、20年の姿をはっきりと指し示しています。私がますますこの世界を照らすことになることは確実なのです。

実際のところ、兄と私は母違いの兄弟なのです。よほど父方の血が強かったのでしょう。血を受け継ぐ、血が繋がっているということは、こういうことなのかと思わされます。

今日の「礼拝映像」「ポッドキャスト」「一日一生」はこちらから。
今日の礼拝メッセージ原稿、おもちかえりはこちらから ↓

続きを読む

日曜が変われば、生き方が変わる!

私が高校から大学の頃、日本はバブル経済のただ中にいました。日本がアメリカのランドマークのような不動産を買いあさり、世界の空港の免税品店には必ず日本人の店員さんがいた時代です。あの時代を象徴するCMが当時、流れており、私も高校生ながら口ずさんでいました。時任三郎が演じていた、リゲインという栄養ドリンクのCMです。売り文句は「24時間、戦えますか」でした。

あれから30年経ち、今日に至るまで私達は「過労死」「引きこもり」「バーンアウト」「ブラック企業」という言葉を生み、日本国では最近になって働き方の改革が見直され、休むということが注目され、最近になりますと定時になると会社の電気をすべて消して、従業員に帰宅をうながす会社があるというようなニュースも見聞きするようになりました。

かつての「リゲイン」のCMは今も健在のようです。しかし、そのキャッチフレーズが変わったようです「24時間、戦えますか」が「3、4時間戦えますか」と変わったのです・・・。

今日の「礼拝映像」「ポッドキャスト」「一日一生」はこちらから。
今日の礼拝メッセージ原稿、おもちかえりはこちらから ↓

続きを読む