Focus on the PLANNER!

Dont-Seek-Gods-Planある賢明な老説教者が、ある大学の卒業式に臨席して説教をした。彼は説教が終わった後、卒業するクラスの学生たちと語り合うため構内をぶらついた。そして、ロバートという才気すぐれた年若い卒業式に話しかけた。

「君の将来にたいする計画は何かね」「ぼくはすぐ法学部の大学院に行くつもりです」「それからどうするかね、ロバート君」「はい、結婚して家庭生活を始める計画です。その上でぼくは弁護士を開業し安定した生活をたてます」「ロバート君、それから?」「率直に申し上げねばなりませんね。ぼくは弁護士業によって莫大な金を儲け、それをもって、多少早めに引退し、多くの時間を世界各地への旅行に使いたいと思っています。そういうことが、ぼくのいつもしたいと考えていることです」。

しかし、説教師はさらにほとんどうるさいほどの追及を加えた。

「それからどうなるのかね、ロバート君」「はぁ、これがぼくの計画の全部です」

説教者はあわれみの気持ちと父親のような思いやりのこもった面持ちで言った、

「君、君の計画はあまりにも小さすぎる。それはせいぜい七十五年か百年の範囲でしかない。君は、神を含むほど大きく、永遠を抱合するほど遠大に人生の計画を立てなければならい」。

M Lキング著 新教出版社 『汝の敵を愛せよ』より

『あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。悪しき日がきたり、年が寄って、「わたしにはなんの楽しみもない」と言うようにならない前に・・・』 聖書:伝道の書12章1節

ただいま、南カリフォルニアでEquipper Conferenceがもたれ、多くの学生がバイブルの言葉に心の耳を傾けています。主の御声を聴き、己が生涯で目指すべきこと、神が一人一人に与えている使命を見出す者が起こされますようにお祈りください。

マック

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑  キリスト教ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックをお願いします。

イエスが読んだ聖書

IMG_20130917_200612_839「イエスが読んだ聖書」を久しぶりに再読していますが、あらためてフィリップヤンシーの感性といいましょうか、目のつけどころに脱帽です。例えば・・・

『聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです』(Ⅱテモテ3章16節-17節)。聖書が神の霊感による書物であることを概括的に語っているこの言葉が、聖書記者たちの持っていた唯一の聖書、すなわち「旧」約聖書についてであることを、私達は何と簡単に忘れてしまうことであろう(p15)。 

このテモテ書の言葉は何度も読み、ここからメッセージを語らせていただいたこともあるのですが、確かにパウロの心にあった聖書とは私達が難解でとっつきにくいと思っている旧約聖書のことなのです。

『それから、イエスはモーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の中で、ご自身について書いてある事がらを彼らに説き明かされた』私達は今日、「エマオへの道」を逆向きに経験する必要がある。弟子達はモーセのことも預言者たちのことも知っていたが、キリストなるイエスとどのようなつながりがあるかを理解していなかった。一方、現代の教会はキリストなるイエスを知っているが、モーセや預言者たちを理解する力を急速に失いつつある(p31)。

そうなのです、ここでイエス様が説き明かしたことも旧約聖書の全体であり、その全体とご自身との関わりが語られたのです(この究極の講義をいつか御国で聞かせていただけることを楽しみにしています)。その旧約聖書、すなわち‟イエス様が読んだ聖書”なくして新約聖書を理解することなどできないのです。新約聖書を知るために旧約聖書を読み、旧約聖書を知るために新約聖書を読む必要があるのです。そして、その全体から語られるメッセージによって、世界を俯瞰し、私達の人生全体を見るように努めるのです。

新約聖書を読んでいると、旧約聖書の言葉や出来事があれもこれも脳裏をかすめるようになるまで(逆もしかり)、聖書を読みこみたいです。

マック

 

 

つれづれ

ディオフ。

長男と次男は昨日、M家にてスリープ・オーバー(M家のみなさん、大変お世話になりました)。ということで二女一男のわが家で私はマイノリティー。家を掃除したり、買い物に出たりと粛々と過ごす。午後からは、この一年間にブックオフで買ったほとんどの古本を再びブックオフに返却。なんか貸出料を支払って一年間、本を借りていたような感じです。もう人生も折り返しですので、少しづつ一般書を減らし、後半は「一書の人」に移行していこうと、今日はひかえめに二冊の一ドル本を買いました。「ユダ・イエスを裏切った男」(利倉隆著 平凡社新書、非聖書的なことは承知していますが、そんな考えというのも知りたいと思いまして)、および「カルトか宗教か」(竹下節子著 文春新書)。

明日からEC。東海岸の大雪により講師の一人であられる錦織学先生をはじめ、多くの参加者がカリフォルニアに向かえずにいます。道が開かれますようにお祈りくださいませ。

マック

西日が照らす前に・・・

昨日、カリフォルニア某所の最高気温は46℃、同じくカリフォルニア州、別の場所での最低気温は0℃。距離として車で数時間だろうが、温度差が同じ州内で46℃っていうのはいったいなんということか。おそるべし、カリフォルニア!

転じてわが町、ラメサ。こちらも40℃を越す暑さ。昨晩は窓を開け広げ、床の上で猫のように寝ました。しかしながらの砂漠気候、夜半には外気の冷たさに目が覚めました。

そしてただ今、正午のダウンタウン。オフィスの気温はグングンと上昇中。映画「I AM A LEGEND」で主人公は陽が暮れる前にゾンビを恐れて身を隠していたけど、ここでは「西日が照らす前に逃れよ」というのが、合言葉となりそうです。

J0427689

マック

教訓:生きた草花に命を与える太陽も、切られた花にはそれを枯らす力となる。ロウを溶かす火も、土を固める働きをする。キリストの恵みは、一面においてペテロやヨハネを愛の人と変えている間に、一面においてユダの心を硬化させていたのである。(沢村五郎著:聖書人物伝より)

桟橋にて

アメリカ最西南にあるImperial Beach、 桟橋にて糸を垂れる。

2009_vacation_fishing_017

今日の昼飯:夏といえば冷やし中華!

2009_vacation_fishing_009_2

今日の収穫:鯖、鰯、キス・・・他、色々。

2009_vacation_fishing_038

今日の夕飯:鯖の塩焼き、鰯の梅煮、キスの天ぷら。

2009_vacation_fishing_051

神様に養われています。

マック

追伸:

忍耐・忍耐・忍耐。忍耐の芸術であります。 とは言え、あわせは一瞬。せっかちでないと務まらない。 この二つの要素が一緒になった人が釣師になれる。 これを昔の西田哲学で絶対矛盾的自己同一という。難しいでしょう?

開高健 (「河は眠らない」より)

白洲次郎

白洲次郎

20090327sirasu_2

一昨年あたりから日本の書店でこの人に関する本が山積みにされている。そこで最近、数冊を手にとり読んでみた。白洲次郎とはどんな人間なのか。

1945年、彼は連合国最高司令官総司令部(GHQ)との交渉にあたった人である。次郎はこの交渉に対して、当時の日本政府および日本人がとった従順すぎる姿勢とは異なり、彼が培ったプリンスパル(原理原則)にのっとって堂々と交渉にあたり、GHQ要人をして「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた。

彼に関する書を読んでいてよく出てくる言葉に先に挙げたプリンスパル(原理原則)というものがある。そして、書を読み進めていく時に、その人生はこのプリンスパルにのっとって形造られていることがよく分かる(彼がその心中、どのような原則をもっていたのかその核心については私には分からないが)。 

今日なぜこの書が売れているのか。それは一言で言うならば「自分のプリンスパルをしっかりともって、自分の頭で考え、自分で決断して主体的に生きていきなさい」というメッセージに人々が惹きつけられているのではないかと思う。 

私は一クリスチャンとして、このプリンスパルを聖書に置くことによって私の人生に起きる諸々の事柄を決していくことができることを本当に幸いに思う。日々、失敗を繰り返す者だが、このプリンスパルによって私自身の結婚生活・育児・仕事・人間関係がどれだけ支えられていることか・・・。 

Soli Deo Gloria!

マック 

「ただ強く、また雄々しくあって、わたしのしもべモーセがあなたに命じた律法をことごとく守って行い、これを離れて右にも左にも曲ってはならない。それはすべてあなたが行くところで、勝利を得るためである。この律法の書をあなたの口から離すことなく、昼も夜もそれを思い、そのうちにしるされていることを、ことごとく守って行わなければならない。そうするならば、あなたの道は栄え、あなたは勝利を得るであろう。わたしはあなたに命じたではないか。強く、また雄々しくあれ。あなたがどこへ行くにも、あなたの神、主が共におられるゆえ、恐れてはならない、おののいてはならない」。聖書:ヨシュア1章7節‐9節

永六輔さんにばったり会いました。

オフディー

子供たちを学校に送り、家内とザイオン(韓国系スーパー)-ブックオフ-ミツワ(日系スーパー)へ。次男坊を迎えるまでの限られた時間だけど、時々巡る月曜午前のこのルートはそれなりに楽しい。

ブックオフにて、いつものごとく一ドル本セクションへ(ここしか見ません)。ここサンディエゴ店は一ドル本の流れがよく、いつも新鮮なオフ材(食材ではなく)を見つけることができて嬉しい。これはそのうちの今日の二冊。

007_2

永六輔さん、ちょっと気になっている人ですので、ゆっくりお話を聞かせていただきましょう。

とまぁ~こんな何気ない一日。

それでもSol Deo Gloria!

マック

積読

朗読・黙読・通読等、「読書」に関連する言葉がありますが、「積読」(つんどく)という言葉を私の恩師はよく使っていました。「本はその時、読まなくてもいいから興味あるものは買って積んどきなさい」というような励ましの言葉として私は勝手に受け止めております。そこでここしばらく積読組として、私のオフィスに積まれているものを紹介します。

51yzR29Nf4L__AA240_.jpg
私達、男が「ナイスなクリスチャン」になると自分も家庭をも壊してしまうなどという説明文があり、その興味深い発想に即注文。新しいクリスチャン男性像というものを探り出そうとしている視点に惹かれました。

51ZW8MJJ8YL__AA240_.jpg
Oval Officeとはホワイトハウス内にある大統領執務室のこと。歴代の43人の米国大統領の信仰についてまとめてある本。

3433.jpg
いわゆる「人の知性」と「信仰」ということに対する接点を知りたくて注文。

読書の秋(というかもう冬ですね)、じっくり黙読を願っているのですが、やっぱり家庭でも積読気味で奥様からの「なんとかしなさい」という視線を背に感じながら暮らしております。

マック

追伸1:最近「国家の品格」(新潮新書・藤原正彦著)を読んでいて、藤原さんは真のエリートが国家には絶対に必要であるということを書いており、この人達が暴走の危険を原理的にはらむ民主主義を抑制するとしています。そして、その中で「真のエリート」に対して、その条件を挙げており、第一に文学、哲学、歴史、芸術、科学といった何の役にも立たないような教養をたっぷりと身につけているということ、またその教養を背景にして、庶民とは比較にもならないような圧倒的な大局観や総合判断力を持っていることと言っております(以上上記著書88-89ページ)。

上著「God and Oval Office・・・」と「Finding God・・・」は、特にこの藤原さんの「圧倒的な大局観や総合判断力」という言葉をキーワードにしながら読みたいと思います。「圧倒的な大局観や総合判断力」を知ることができる書といえば、一つしかないですから。

わが思いは、あなたがたの思いとは異なり、わが道は、あなたがたの道とは異なっていると主は言われる。天が地よりも高いように、わが道は、あなたがたの道よりも高く、わが思いは、あなたがたの思いよりも高い」 (旧約聖書:イザヤ書55章8,9節)