「待降・降誕(クリスマス)そして待望」 大川道雄牧師

「待降・降誕(クリスマス)そして待望」これが聖書のパターン(流れ)です。

「待降」とはイエスキリストのご降誕を待ち望むことです。人類は今も、真の救い主を待っています。キリストはあなたがたが心の中に迎え入れることを待っています。

「降誕」私達の毎日がクリスマスです。もし、あなたが受け入れるのなら、永遠の命であるキリストはあなたの心の(馬小屋)の中にこられます。

「待望」神の救いの計画の完成の準備は整いました。キリストは肉体を持って再びこの地上にこられます。天国に連れて行くために…. 。世界中の全ての人がこの光景に立ち会うのです。

本日の礼拝プログラム、おもちかえり、一日一生、ポッドキャスト、礼拝堂がはこちらから。

 

生ける望み 大川道雄師

イエス キリストの復活を祝うイースター(復活祭)が終わりました。キリストの復活によって全てが変わりました。人はみなだれも希望(のぞみ)を持っていますが、でもそれは死んだらおしまい的なものです。聖書はわざわざ「生きた希望」といっています。

どうぞ、聖書のメッセージに耳を傾けて下さい。人は「望み」があれば生きて生けるのですから。キリストの復活は、信じるものに永遠の命、天国という「生きた望み」を提供します。イエス キリストがその見本です。これしか、私たち人間の生きる道はありません。私は12歳の時にそれを発見し、体験し、今日まで実感してきました。

キリストはこう言っています:「私は道であり、真理であり、命です」(ヨハネ14の6) この経験は、信じた今から始まります。酒を飲んだら人が変わる」とよく言われますが、キリストを信じる者は、聖霊によって新しく造り変えられ、神と共に歩み、永遠の希望に取り付かれ、永遠の命という路線を歩み始めます。

<聖霊の結ぶ実>は愛です。神の愛です。愛とは生き生きとした命のことです。ですから、人は死んでもよみがえるのです。神は地球を造ったように、天国を造り、準備しています。そのことは人の心の中から始まります。ハレルヤ!

● 本日のプログラム

 一日一生(2018/4/9-2018/4/15)

★ 礼拝の動画はこちらからどうぞ

Podcast 購読(iTunes)
Podcast 購読(RSS Feed)
Podcast 購読(Google Play Music)
音声 mp3 ダウンロード

詳しい購読方法はこちら。

私達が今、生きている世界とは

先日、牧師会でテキサスの教会で起きた銃撃事件のことを話し合いました。「なぜ、あんなことが・・・」あのようなことが教会で起きるなんて「神はいるのか」。必ず、出てくる言葉です。人間はこれからどうなっていくのだ。この世の中はどうなっているのだ。こんなことは今まではなかったのだと私達は思うのです。しかし、聖書を読めば分かります。このようなことをこれまでもしてきたのが人間であり、これからも人間は同じようなことをし続けるのです。テキサスで起きたことは前代未聞のことではなく、あのようなことは人類が始まって以来、いつもあるのです。昔と今の違いは、かつては心にある怒りを人は石を拾って怒りの矛先に投げていました。棒を拾ってそれを振り上げていました。その人の手に今日はライフルがあるということです。ただその違いです。人の心は昔も今も何ら変わらず、この事実故にこれからも私達の間からうめきがなくなることはないのです。

Video Hosting

マック

「礼拝プログラム」、「一日一生」はこちらから。

●メッセージ音声
Podcast (iTunes)
Podcast (RSS Feed)
Podcast (Google Play Music)

 詳しい方法はこちら。

本日のメッセージ原稿、おもちかえりはこちらから ↓

続きを読む

ダイナマイト!

ある科学者がある物質と他のものを化合するという実験をしていました。そうしましたら、実験室が爆破されてしまいました。彼は自分は「とんでもないものを発明してしまった」と思ったそうです。そして、彼はその発明したものにこのローマ人への手紙1章16節の「デュナミス」という名前をつけました。今日、私達はその発明品をダイナマイトと呼びます。そう、この科学者とはノーベル賞の名前にもなったアルフレッド・ノーベルです。

この「デュナミス」は先ほど読みましたコリント第一の手紙1章18節において「十字架の言は、滅び行く者には愚かであるが、救にあずかるわたしたちには、神の力である」と書かれている「神の力」に使われているギリシア語です。

私たちがイエス・キリストの十字架の前にありのままの自分で立つ時に、本来、固い岩のような心を持つ私たちの魂の奥底において、このキリストの愚かさというダイナマイトがその心を砕き、イエスにある救いが明らかにされるのです・・・。

今週と来週は諸事情によりユーストリームの配信はありません。

マック

「礼拝プログラム」、「一日一生」はこちらから。

●メッセージ音声
Podcast (iTunes)
Podcast (RSS Feed)
Podcast (Google Play Music)

 詳しい方法はこちら。

本日の日英メッセージ原稿、おもちかえりはこちらから ↓

続きを読む

日英合同礼拝

今日は日英合同礼拝で『イエスと名づけた』というタイトルで本多一米牧師がメッセージを取り次いでくださいました。礼拝の後はポットラックのクリスマスランチを楽しみ、その後は恒例のクリスマスプログラムをもって主の御名を崇めました。

Enterprise Video Streaming

「礼拝プログラム」、「一日一生」はこちらから。
本日の日英メッセージ原稿、おもちかえりはありません。

 

新天新地-新しい神の世界: 大川道雄師

o6月27日から7月27日までサバティカルをいただいております。その間の日曜日は大川道雄師と中島光成師が取り次いでくださいました。今日はその最後の日曜日で大川道雄師が礼拝&バイブルスタディーを導いてくださいました。

大川先生、中島先生、そして主にある兄弟姉妹、四回の日曜礼拝をありがとうございました。この間、地元の三つの教会の礼拝に出席させていただき、多くのことを学ばせていただきました。今週木曜日の集会から復帰します。ウォームアップを始めながら、皆さんにお目にかかれますことを待ち望んでいます。

メッセージタイトルを掲示しながらも、今日は映像が録画できなかったようです。申し訳ございませんでした。

「礼拝プログラム」、「一日一生」はこちらから。

マック