波と戯れる

去る週末はレイバーディのウィークエンドで、今年で10回目となるキャンプがもたれ、今年も子供から大人まで70名ほどが潮風に吹かれ、食べ、話し、遊び、大いに楽しみました。最近は幼いお子さんを連れた方達が多く、自分の年齢を痛切に感じるようになりましたが(笑)、皆の笑顔を見ていると、今年も開催してよかったなと思わされます。

今、私達の教会にはおよそ同年代の三名のサーファーがおり、この度はそのうちのユースパスターのYさんとHさんからサーフィンを教えていただきました。皆が口をそろえてその楽しさを話しているのを聞いていますと、何がそんなにいいのかと興味がわき、また自分の思い通りにはならない波にのるということは霊的な世界にも通じるものがあるのではないかと思わされています。

ところでわたしは中学、高校と多感な時を神奈川県の藤沢、辻堂という土地で過ごしました。隣りはサザンで有名な茅ヶ崎、学校からは江の島が見え、鎌倉もすぐ近くで、自他ともに認める(?)湘南ボーイだったのです(笑)。しかも辻堂、茅ヶ崎と言えば、サーフィンのメッカ。都内からサーフボードをもってサーフィンにやってくる人達が絶えない土地です。しかし、当時の私にはそんな興味がなく、バイクで海岸を流したり、釣りは楽しんだのですが、サーフィンには手をつけませんでした。

そんな私が今、神様に置かれている場所は世界でも有数のサーフィンスポットがある南カリフォルニアです。この海を前にして、このまま時が流れていっていいのだろうかという思いがいつもあり、いよいよ一歩を踏み出しました。

unnamed-4unnamed-4見た目は簡単そうで、実は難しい、それがサーフィンで、海の上に浮かんでいるということだけで、なんとバランスを保つことが難しいのか!何度も海に落ちつつも、お二人は忍耐強く「次の波です、さぁいきましょう!」と励まし、指導してくださいました。

その日は立ち上がるというところまではいきませんでしたが、波にのるということは体験できたと思います。ゆっくりとした歩みですが、少しづつ南カリフォルニアのサーファー牧師を目指したいと思います。

homeslide1-1

マック

 

アメリカよ!

私達の属する教団では五年に一度、二か月のサバティカルを牧師に与えています。去る四月にその一期をとり、この度、六月の末から二期目をとっています。普段は日々のことに忙しなくしていますが、このような時をいかしてじっくりと自らを省み、教会について思いめぐらし、主との時間を過ごしています。

ということでJuly 4th (米国独立記念日)の前日の日曜日は地元の教会へ。独立記念日を翌日にひかえ、その様たるやいたるところ赤と青と白でした。

IMG_20160703_085834970

この教会はサンデイェゴでも三本の指に入るメガチャーチ。シニアパスターのメッセージは地元のみならず全米のラジオ局で流されています。これまでの私なりの観察では聖書購解に賜物が与えられている方で、その著書も数多くあります。そんな教会ですが、その日の礼拝では普段と違うこんな経験をしました。

1)愛国ソングが何曲もフルオーケストラで歌われ、献金の前のお祈りはパールハーバーのサバイバーでした。

2)牧師のメッセージの中で一度も聖書の御言葉が語られることなく(ほんとうです、これ)、牧師は米国において連邦最高裁判事は大統領が任命することに触れ、我々が大統領に誰を選ぶのかということの重要性を語りかけ、投票に行くようにと強く勧めました(誰に投票せよとまでは言いませんでしたが)。そして、そのメッセージの最後を牧師はこんな言葉で締めくくりました。「My name is 〇〇〇. I approve this message」これに対して会衆は即座にスタンディング・オベーションをしました。

3)会場にいるミリタリー関係者を全て講壇に招き、一人一人にメダルがかけられました。

この礼拝について云々、言うのはひかえますが、アメリカという国とアメリカ人を理解するのにとても貴重な体験となりました。私が出席したのは朝の第一礼拝で会衆は数千人はおり、シートは満席でした。見渡す限り、善良なアメリカ人と思われる方達が出席しており(年配の方達が多い)、彼らの心というものをうかがい知ったように感じます。最後は室内にもかかわらず花火があがり、礼拝は終わりました(盛大という言葉が一番、あっているように思われました)。

IMG_20160703_102608142

神様が教会に託しておられる使命は何なのか(そう、教会以外のところではそれが補えないことです)、そのことを礼拝の間、ずっと考えていました。

マック

追伸)おりしも数日後に息子達と映画、「American Sniper」を観ました。この礼拝とこの映画の中にこの国を理解するために必要なことがこめられているかと思います。

 

 

 

今日、お前が見るであろう光景は・・・

一夜明けて、6月15日、その時、私は次男坊の小学校の卒業式に出席していました。その最中、昨夜も共に観戦したYさんからメッセージが届きました。

「イチロー、一番で先発です」。

その瞬間、思いました。今日、このゲームにこの子と行かなければ後で絶対、後悔するだろうなと。そして、この日の思い出を私達は生涯、忘れることがないだろうなと。そう、あの時のように・・・・

幸い、来週は休みが一日もないので半日、こちらに繰り上げることにしようと行くことを即断し、家に帰りチケットサイトで探すと(この時、ゲームの一時間前)、弱小パドレスゆえに(感謝!)、マリーンズのベンチ裏の前から三席目に格安の値段のものが二席。すぐにそれを確保し、卒業証書をチケットに持ち変えて球場に向かいました。

息子と陣取った場所はマリーンズの選手が目と鼻の先、イチローの息遣いまで聞こえてくるような場所でした(結局、私達の前の席は空席だったので、そこに移動しベンチ裏の一番前の席に座ることができました。おそらく私達はその時、地球上でイチローに一番近くいることができたファンだったと思います)。

IMG_7562

IMG_7482

こんなにすぐ側で、しかもこのような日に、彼を間近に見ることができたこと、そこから得たインスピレーションは一冊の本を読了することに匹敵するような収穫となりました。彼が目の前で自分の打席に備える時、その眼差しの彼方に何を思うのか、色々なことを考えました。

IMG_7514

IMG_7512

IMG_7534

スタジアムに向かう車の中で息子に語りました「今日、お前が見るであろう光景はこれからお前が誰かと野球について語る時に、自分はあの時、あの場所にいたんだと胸を張って言えることだぞ」と。そして、その通りに私達の目の前で記録が達成された瞬間、記録が更新された瞬間、この場面に立ち会えたこと、このような経験を与えてくださった父なる神様に感謝しました。

IMG_7591

九回の表、ツーアウト、最後の打順が回ってきた時、敵地の観衆は皆、立ち上がり、打たれた白球がライト戦に飛んでいった瞬間、スタジアムはスタンディングオベーションで包まれ、二塁上でヘルメットを取り、頭を下げるイチローの姿にさらに大きな拍手が捧げられました。証言しますが、その時に「これは日米通算云々」という空気は微塵もなく、この気の遠くなるような記録を打ち立てた一人の野球選手へのリスペクトだけがスタジアムに満ちていました。

IMG_7603

彼は言っています。

『次の目標はいつでも次の試合の一本目の安打』。

彼の心は周りの冷めやらぬ余韻をすりぬけて、今日も次の打席に向けられていることでしょう。そう、私達はもう既に置き去りにされているのです・・・。

マック

追伸:隣にいたおじさんに「お前はメディアの人間か」と聞かれました(笑)。

その時、イチローは・・・

6月14日、午後7時10分、我々15名の者達はペトコパークのホームベース上に陣取り、鈴木イチローの安打記録達成を待ち望みました。しかし、その日のイチローはベンチスタートで、その姿がベンチからあらわれることなく、私達はひたすら彼の姿を待ち望みました。

そして、いよいよその日の最初で最後の代打のチャンスが八回にめぐってきました。ここで打ってくれたらローズとタイになります。私達の期待は最高に高まったのですが、残念、安打は生まれませんでした。私達がベンチから50メートル上でイチローの出場を今か、今かと待っていた時、ベンチの中で彼は何をしていたのか、そんな光景を一部始終、撮っていたカメラマンがいました。

ベンチの中でイチローは若手を鼓舞しつつも、入念にバットを確認し、ストレッチをし、出番に備えていました。バットを置くときの慎重さ、しかも、それを自分の横にいつも大切に立てている、こんな選手はメジャーにはいませんでしょう。あたかもそれは刀を大切に自分の傍に置き、出陣を待つ侍の姿と重なりました。

私達がその日に見ることができたイチローの姿は数分でしたが、私達が見下ろしていたベンチの中で彼はその数分のために手を抜くことなく準備をしていました。そう、彼はたとえその日の出番がなくともいつものように備える人なのです。イチローは言っています。

『小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行く、ただ一つの道だと思っています』

『要するに準備というのは言い訳の材料となりうるものを排除していく。そのために考え得るすべてのことをこなしていくということです』

彼がこのような記録の達成にいたったのは偶然ではなく、この記録は彼の怠ることがない日々の備えによって自ずと導かれた通過点だったのです。これからイチローのゲームを観る時は、たとえその出番がなくとも、ベンチにいる彼の姿を心に思い浮かべようと思います。ベンチにいる姿にまでファンの思いを引き寄せる選手を私はイチロー以外に知りません(大抵のメジャー選手はヒマワリの種を食べて談笑していますから・・・)。

マック

追伸:こうして彼の記録達成は次の日に持ち越されたのでした・・・。

 

 

ハリウッドに届いた想い

今日、息子の高校の友人、癌と闘っているライアンの家にアベンジャーズの面々が ( Robert Downey Jr, Chris Evans, Gwyneth Paltrow) やって来た!聞くところによるとアベンジャーズが大好きなライアンのために、高校の仲間達が皆、ソーシャルネットワークでライアンに会いに来てくれるようにと投稿し、それがハリウッドに届いたらしい。

これぞ等身大のヒーローだ。ライアン、よかったね!

マック

追伸:現在、公開中。

第4回 SDJCC フラ・アウトリーチのお知らせ

来る日曜日、9月27日(日)、午後2時よりサンディエゴ日本教会にて、“ゴスペル・フラ・アウトリーチ” が開催されます。

2015_HulaOutreach_Flyer_2

特別ゲストとして、ロサンゼルスの日系ゴスペルクワイヤグループの ”NCM2”と、ゴスペルフラ “Halau Ka Lei Kukui Hi’ilani、Mainland USA Extension – ハラウ・カ・レイ・ククイ・ヒイラニ・本国拠点地” のグループ及び、”Na‘a‘ali’i o Kalamakauikeaouli – ナアアリイ・オ・カラマカウイケアオウリ”のメンバーもお呼びしています。また当日、無料フラレッスンの申し込みも受け付けています。お友達をお誘いの上、どうぞお気軽にお越し下さいませ。

 場所:サンディエゴ日本人キリスト教会

入場料 : 無料

マック

第九回レイバーディキャンプ

九年前から毎年欠かさずにレイバーディのウィークエンドにもってきましたキャンプが無事に終わりました。初回は20名ほどの集まりだったかと思いますが、年々参加者が増え、今年は張られたテントは20以上、日帰りも含めて参加者は100人を超えたと思います。なんとも賑やかで楽しいひと時でした。

今年で三回目となる米軍基地内のビーチ。どこを見ても、これぞカリフォルニア!というようなビーチです。今年もテントが長屋状態となりました(笑)。
IMG_20150606_171759936
焼く者、煮る者、盛る者、切る者、並べる者、混ぜる者、注ぐ者、そして言うまでもなく、それらを食する者達・・・。どれもとても美味しかったです。
IMG_20150606_183308458IMG_20150606_185840556
最初は手のかかった子供達が自分達でテントの設営と撤収をするようになり、年下の子の面倒を見るようになりました。この輪がどんどん広がるといいですね。
IMG_20150606_191248449_HDR

参加者の皆さん、お疲れさまでした。今宵はよっくりとおやすみくださいませませ。

マック

不便

『主は彼を外に連れだして言われた・・・』(創世記15章5節)

camp

休暇をいただいてアリゾナ州セドナでキャンプをしてきました。自然の中で過ごすということはイコール不便を受け入れるということになります。野外で夕食をとっていますと、辺りは暗くなり、明かりに向かって無数の昆虫が飛来します!私達のテントには夜毎にスカンクがやってき、私達を震え上がらせてくれました。一人平均27か所、虫に刺されました(セドナの虫に日本のキンカンは効かないのです!)。扇風機、エアコン、冷蔵庫、テレビはありません。日中は暑すぎてテントの中にいることはできません。トイレは遠くにあり、フカフカの布団ではなく寝袋で眠るために、大地の硬さが背中にこたえます。

しかし、時おり私達の間を吹きぬける風は明らかにエアコンのそれとは異なり、心身にやさしい心地よさがありました。神様の創造された世界で命あるものは互いに共存しあっているということを肌で感じます。不便さの中にいると、そこにいる者達は協力的になり、その心はずっと近づきます。それまで各々、コンピューターに向かっていた光景はなく、小さな明かりのもと顔を突き合わせてトランプを楽しみました。トイレに行くのにも、洗顔に行くのにも懐中電灯をもって皆で夜空を眺めながら寄り添いあって行くのです。

神様は荒野でイスラエルの民を訓練しました。イエス様は枕するところなく、おそらくたびたび、弟子たちと野宿をしたことでしょう。。そうです、彼らは全てが整った場所で主からの訓練を受けたのではないのです。とかく便利さだけを求める私達の世界ですが、この夏は不便さの中に私達に対する神様の愛がたくさん含まれていることを体験することができました。これからは何か不便を感じたら、そこに新たなる収穫と教訓を期待したいと思います。

今年もレイバーディに太平洋を前にしてビーチキャンプを予定しています(興味のる方はご連絡ください)。そこでも存分に“不便な体験”をして、共に神様のご愛を見出しましょう!(八月の教会報より)

マック