お餅

▶︎ サンビの仲間たち

暮れに仲の良いお友達のHさんから、「お餅を搗きましたので、取りに来てくださる?」とお電話がありました。

お餅ちは大好物なので喜んで取りに行きました。搗きたてのお餅は特別美味しいですね。

ちょうど主人の姪が来ていましたので、早々とお正月気分を味わいました。アメリカ人の彼女は日本食が大好きで、お雑煮や、色々にしてて出しました。

少しずつ味わっていましたが、とても好きだと喜ばれました。海苔餅、黄な粉餅、大根おろし餅などをエンジョイし、少しずつですが食べていて、美味しかったですと言っていました。

お餅があるとお正月気分になりますよね。Hさんおご馳走様でした。

お正月が過ぎてしばらくすると、またHさんからのお電話で、「とし子さん、もっと欲しいですか」とのこと私は「ハイ」と答えて、また頂きに行きました。

嬉しいですね。彼女は餅つき器を仕舞う前にもう一度とし子さんにと言ってご愛を示してくださいました。私がとてもお餅が好物なのを知っていますので。

何という心優しい行為でしょう。食いしん坊の私は、何よりの幸せを感じ、彼女に感謝の言葉を述べました。

今日は一日一つ、良いことをしなさいが、「良いことをして頂きました」でした。何という感謝なことでしょう。神様これでも良いのでしょうか?

これまた、人生一生学びですね。

とし子


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックをお願いします。