牧師をクビにする方法

▶︎ 隊長ジャーナル

“How to Fire Your Preacher"(牧師をクビにする方法)・・、この礼拝メッセージのタイトルに一瞬ドキッ!としましたけど、メッセージの本題は“It’s time to fire him up"(今は牧師を奮い立たせる時・・)で、“fire"(クビ=解雇)ではなく、“fire up"(奮い立たせる)でした。

NCM2隊長が所属するSHEPHERD CHURCHの主任牧師、ダドリー先生が卒業した神学校の同級生で現在牧師をしているのは皆無だそうで、クビになったり、自ら辞めたり、アメリカ合衆国の牧師の平均在任期間はたったの2年間との事・・。

何はともあれ、伝道の使命感に基づいた説教(伝道)をすることは最高の仕事(Greatest job is preaching.)だと語られました。

また、この国(アメリカ合衆国)には最高のメッセンジャー(伝道者)が必要(Our country needs great preaching.)とされていると語られ、同時に牧師業は自身を落胆させる仕事(It’s the most discouraging job)でもあるとも言われました。

NCM2隊長の周りにも、ある程度の年齢になった頃に献身。神学校で学び、牧師になっている人が5人ほどいます。その人たちは中小企業の会社の経営者、中には某大企業のビジネスコンサルタントなど、いわゆる人の上に立つ仕事をされていた人ばかりでした。

そんな彼らが口を揃えて言うのが・・

「牧師ってのはオトコを下げるね〜!」

で、牧師になっていなければまず関わる事がないであろう(境界線のない)信徒さんから日々そーとー"男を下げられ"つつ伝道、牧会に奮闘努力しているようでございます(汗)。

It’s time to fire him up(今は牧師を奮い立たせる時・・)

牧師ジョークで「礼拝(メッセージ)の時に寝ている信徒がいたら、その(寝てる)信徒ではなく、説教中の牧師を突っつけ!」なんてのがありましたけど・・。ダドリー牧師の信徒への思いは下記の通りでした。

1. Pray for him 牧師のために祈る(テサロニケ人への第一の手紙5:25 | エペソ人への手紙6:19 | ヘブル人への手紙13:18)
2. Say Amen onece in a while. 牧師を支える(出エジプト記17:8-13)
3. Let him lead. 牧師に主導権を与える(ヘブル人への手紙13:17)
4. Tell him to preach what we need not what we want. 耳障りの良いメッセージではない、信徒に必要なメッセージを語る(テモテヘの第二の手紙4:13)
5. Be faithful. 誠実であれ(箴言3:3-4)
6. Give your life to Jesus today! イエス・キリストに生涯を捧げる(ローマ人への手紙10:1 | ヘブル人への手紙3:15)

イエス・キリストが定めたリーダー(牧師)のために祈り、支え、任せ、取り次がれた御言葉に聴く。その事を咀嚼反芻し、お祈りを捧げました。

NCM2隊長 (a.k.a.ヨシオ・J・マキ)

SHEPHERD CHURCH
19700 RINALDI ST PORTER RANCH, CA 91326-4100
(818) 831-9333 https://www.theshepherd.org/



にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックをお願いします。