教会のサンクチュアリー(会堂)での礼拝が約半年ぶりに再開

▶︎ 隊長ジャーナル

 


The Ten Lepers
https://www.liftupjesus.com/watch-listen/recent-messages/view/80/659/#.X0NJ4s4FVs0

今週からわが家が所属する教会は、サンクチュアリー(会堂)での礼拝が約半年ぶりに再開しました。

うちは家内が免疫疾患があるので、 新型コロナウィルスに対するアンダーライニング・コンディション("underlying conditions":慢性持病により感染したら重症のリスクが高くなる)との理解から常々十分に気をつけて過ごしています。

うちの教会(Shepherd Church)ではカリフォルニア州では知事の出した条例に反して、今週から教会堂での礼拝が始まりましたが、わが家はオンラインで礼拝を捧げました。(この条例自体が違法だという見解もあるようです。)

3500人収容の会堂は、ソーシャルディスタンスを考慮し、約1000人ほどの人が集まっていました。会堂に入れなかった人や外の方が安心と思う人は、教会の広大な駐車場で特設大型スクリーンを観ながら礼拝を捧げていたようです。

教会は衛生面ではとても気をつけていて、マスクをもらえるようでしたが、マスクを着用していない信徒もいて、新型コロナウィルスに対する個々の見解の相違が如実に映し出されていました。

新型コロナウィルス感染拡大を危惧して教会での礼拝をしない人に対して、その事と信仰を結び付けてしまう風潮がここアメリカの教会にはあるようです。

イエス様もこの地上では、丘の上、山上、海、広場など、外で説教をされた様子が聖書には書かれています。神様は建物の四方の壁に限られず、何時どこで礼拝し賛美を捧げても、その人の主への思いを知ってくださるお方だと信じます。

教会での礼拝が再開した今、クラスターが起こらないことを切に祈った次第です。

NCM2隊長


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックをお願いします。