日本では「自転車で散歩」する事をポタリングというらしい

▶︎ サンビの仲間たち

2020年3月22日、新型コロナウィルス蔓延で私たちの住むベトナムのダナンの町がロックダウン。国際線はすべてストップするというので、急遽一時帰国しました。

それから、はや5ヶ月。いつCOVID-19が終息するかわからない中、健康の為に「自転車で散歩」。(何かちょっとおかしい。散歩は歩くこと、自転車で走り回るが正解でしょうか?)

日本では「自転車で散歩」する事をポタリングというらしい。和製英語で「ゆっくり気分でサイクリングを楽しむ」との事で、普段着でヘルメットを着けて走り回る事だそうです。

現在、私たちは茨城県の義母の家に居候。ベトナムに帰りたくても、帰れない。体がなまってしまうので、毎日、約10Kmのポタリングをしています。

3月末に日本に戻った時の田んぼは、水が無く、5月に水が入り、6月初めには田植え、毎月景色が変わっていた。8月初めころ、田んぼに行くとお米の良い匂いがしてきました。今では稲もすっかり生長し、稲穂が重たそうにしなだれている。

ほんの3ヶ月でこんなに成長するものなのかと感心していますが、9月中頃には稲刈りが始まるのでしょう。

田舎での生活はあまりしたことが無いので、稲穂のにおいに新鮮さを感じる。何か時間がゆっくり進んで、いるようでCOVID-19下の生活も悪くないかな・・。

鈴木ケン


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックをお願いします。