ジーザス・オン・ザ・メインライン(Jesus on the mainline)- NCM2 CHOIR

▶︎ NCM2 CHOIR,▶︎ 隊長ジャーナル

 

トラディショナル・ゴスペル曲、「ジーザス・オン・ザ・メインライン」(Jesus on the mainline)は、NCM2 CHOIRが2016年にリリースしたアルバム「黄金のエルサレム」に収録されています。

この楽曲はライ・クーダーのバージョンが一番世に知られていると思います。

僕も救われる前の高校生の頃にライ・クーダーのアルバム『パラダイス・アンド・ランチ』(Paradise and Lunch)を、歌詞の意味も分からず愛聴し、耳コピし歌っていました。

イエス様(ジーザス)から電話です。欲しいものをなんでも言ってみて・・

誰もがスマホを持っている時代になった今、母国日本ではあと数年で固定電話が廃止されるようですが、上の歌詞を延々と繰り返す、この黒人ゴスペルソングが誕生したのは、まだ電話が一般的ではなかった1920年代だそうです。

イエス様の福音は様々な方法、たくさんの伝道者、信徒を用いて、また、SNSやブログを通して「イエス様(ジーザス)がオンラインにおられますよ〜」と語りかけています。

イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも同じです。(ヘブル人への手紙13章8節)

いつまでも変わることのないイエス様を賛美します!

NCM2 CHOIRバージョンの「ジーザス・オン・ザ・メインライン」(Jesus on the mainline)是非、ご視聴ください。

Jesus on the mainline(ジーザス・オン・ザ・メインライン) – NCM2 CHOIR

Jesus on the mainline(ジーザス・オン・ザ・メインライン) – NCM2 CHOIR
デボラ・ジェンタイル: リード・ヴォーカル
ミチコ・ヒル: ピアノ / ソプラノ/ 編曲
マツオユリ: アルト
ヨシオ・J・マキ: リード・ヴォーカル
ジュンソク・リー: テナー

ブルース・サウンダース: ギター
ピーウィー・ヒル: ベース

Jesus on the mainline
Composer Lyricist: Traditional

© ℗ 2016 – 2020 NCM2., DBA Maki Music Production, Inc.
https://www.ncm2.com/


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックをお願いします。