僕のエッセンシャルは、イエス・キリストに結ばれて神の支えの中に生かされている事

▶︎ 隊長ジャーナル

空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。日の下で、どんなに労苦しても、それが人に何の益になろう。(旧約聖書 伝道者の書1:2〜3)

世界中の誰も彼もが、コロナで明け暮れ、コロナで終わろうとしている2020年も残りわずかとなりました。

今年はコロナのお陰様(?)で、去年まで自分の人生の中で多くの無駄な時間を費やしてきた「不要不急な物事」の定義がはっきりして、自分にとって大切なものの優先順位が明確になった年でもありました。

ソロモン王は、古代イスラエルの名君で「史上最大の富豪」で、現代でもアマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏とともに、常にその名が挙がっている王様ですが・・。

知性も、権力も、名誉も、財産も、すべて手にしたソロモン王でさえも、その心は満たされなかったと聖書は記しています。

自分には知性も、権力も、名誉も、財産もありませんが、「「空の空。すべては空。日の下で、どんなに労苦しても、それが人に何の益になろう。」のみ言葉の意味を、この10ヶ月間のコロナ禍で、痛いほど思い知った次第です。

イエス様がルカ12:16以降語られた愚かな金持の譬の中にある。『愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。お前が用意した物は、一体誰のものになるのか・・』のみ言葉は、30秒毎に1人が新型コロナで亡くなっているここアメリカに住んでいると、天上では無価値なこの世の富や、不要不急な物事の虚しさを実感します。

幸せとは、イエス・キリストとともに生き、日用の食卓には食物が備えられ、病から守られ、家族と平安な日々を過ごすこと・・。

そして、今はフィジカルに会うことが叶わない、遠く離れた愛する人たちの息災と平安を日々、神様に祈ること・・。

僕のエッセンシャルは、イエス・キリストに結ばれて神の支えの中に生かされている事。これが最高の益であることを思い、今朝も感謝の祈りを捧げました。

NCM2隊長

 

Be Ye Glad (喜べ) – NCM2 CHOIR

Japanese lyrics translation by Michiko Hill

NCM2 Choir members include:
Junseok Lee: Lead vocals
Yuri Matsuo: Alto
Yoshio J. Maki: Tenor
Michiko Hill: Piano, Keyboards and Song Arrangement

Peewee Hill: Electric Bass

© Michael K. Blanchard, ASCAP, Paragon Music Corp. Gotz Music & Diadem Sky, ASCAP


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。 よろしければ応援クリックをお願いします。