風の時代〜聖霊の風は、神様が好むところに吹かれます

▶︎ 隊長ジャーナル

約1ヶ月間のカナダ滞在を終えロサンゼルスに戻り、ほっと一息ついていたら早3月。コロナかになってから一年が経過、2021年も光陰矢の如しでございます。

ここ数日、南カリフォルニア全域に強風ハロー警報が発令。連日風速42マイル(67.59 kph)の猛風が吹き荒れていました。

風と言えば、母国日本では、昨年末あたりから「地の時代が終わりを迎え、新しい【風の時代】が始まる・・。」なんて事が囁かれ、風の時代には、我々の生活様式に新たな変化が生じていくと言われています。

クリスチャンにしてみれば2000年前から「聖霊の風」の時代に突入しているので、巷の「風の時代」などはどこ吹く風・・。

全米で51万人がコロナの犠牲となった今の世に在って、その風を信じ続け、また従って生きているので日々「箱舟」に乗った心持ちで生きているのでございます。

風は己が好む所に吹きます。神様は人格を持っておられるので、聖霊の風は、神様が好むところに吹かれます。心の柔らかに、み言葉を聞いて受け入れる・・。心の持ち方が大切です。心を注いで熱心に祈りなさい。大川従道牧師

上は我が日曜学校の恩師、大川従道牧師のお言葉です。今週も心の柔らかに、聖書のみ言葉を受け、心を注いで熱心に祈りを捧げ、平安な「聖霊の風」に吹かれて参りましょう。

NCM2隊長


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。 よろしければ応援クリックをお願いします。