主の御名を呼び求める者〜「人生の秋」を迎えた友人たちと

05/17/2021▶︎ 隊長ジャーナル

23才の時にイエスキリストの救いを信じ、悔い改め、受洗してから早40余年の月日が経ちました。

救われた当初、帰国して友人知人たちとの飲み会の席上で「オレ、洗礼を授かってクリスチャンになったんだ・・」と、(軽く)証しなどをしても、洟も引っ掛けられず、逆に敬遠されていました。

受洗直後に作曲した下の救いの喜びの賛美「天に宝を- Tresures in Heaven」をカセット(当時はまだCDもない時代)で日本の友人たちに郵送していたのですが、「なんだ、この説教くせえ〜歌は!」と、気持ち悪がられていたようです。

で、あれから40年!吾が故郷、東京の下町の悪ガキおやぢたちは定年心待ち世代と相成り、やっとこの賛美が身に沁みる年頃になったようでございます。

「人生の秋」を迎えた友人たちは、少しづつ僕がYouTubeなどで発信する賛美を通してイエス様の福音に触れてくれるようになりました。

コロナ前のNCM2 CHOIR の日本ミッション・コンサートツアーでは、東京下北沢のライブハウスでのライブには「人生の秋」を迎えたたくさんの友人たちが来場してくれるようになりました。

ライブ後の打ち上げの時などは「こんな奴(不肖隊長)を救ってくださり、イエス様ありがとうございます。ハレルヤ、乾杯〜!」と未信者(未来の信者)の下町の悪ガキおやぢたちが食前の感謝・・?!をしてくれるようになりました(汗)。

自分が20代の時に救われたのはまさに神様の恩寵であり、日本人伝道はとても時間が要することを今更ながら痛感しています。

主の御名を呼び求める者はすべて救われる

コロナ以前の数年前から、遠く離れた友人知人が夢に出てきたら、その人に必ず電話をするように心がけています。「夕べ、君の夢を見たんだ。元気?変わりないかな?」と・・

そして電話を切るときは必ず「苦しいことがあったら、もうだめだと思ったら「イエス様!と叫んで。そしてイエス様の救いを信じてね・・」と伝えるようになりました。

去年の5月に末期がんで逝去した旧友との地上での最後の会話でも「その時が来たらイエス様!と叫んで・・」と、語った時、彼が「うん・・わかった」と言い残して6日後に召されました。

なぜなら、「主の御名を呼び求める者は、すべて救われる」とあるからである。
ローマ人への手紙 10:13(口語訳)

「人生の秋」は「主の御名を呼び求める者は、すべて救われる」このみ言葉を信じ、「イエス様の御名を叫び、ただ信じぜよ!」と全世界に点在する友人知人たちに叫び続けたいと思います。

NCM2隊長


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ

05/17/2021▶︎ 隊長ジャーナル

Posted by SANBI.us