二コール・ノードマン | Nichole Nordeman / Woven and Spun

▶︎ サンビの仲間たち

Woven_and_Spun.jpg
Nichole Nordeman Woven and Spun

音楽は人に影響を与えるとは言っても、人を変える、というのはまれなことだと思います。いいCDだと思っても、1、2ヶ月聴いて次の新しいもの、もっと面白いものに移ってゆくのが一般的ではないでしょうか。でも、アルバムが娯楽を目的とせず、人の気持ちを高めたりするものだった場合どうでしょうか。

クリスチャンアーチスト、二コール・ノードマンの心のこもった『Woven and Spun』は、とても感銘深いアルバムです。ソフトで透き通る声と二コール自身による穏やかなピアノがいざなうのは、彼女の個人的な人生や信仰での葛藤の中への旅。

このアルバムの良さは、「小難しくない」というところにあると僕は思いました。曲によってはちょっと古い感じがしないでもありませんが、気取ったビートや小細工が無い分、アレンジに気をとられないので、かえって緊密間が増すような気がします。二コールの透明感あふれる繊細な歌が、どの曲をもインパクトのあるものにしています。

『Woven and Spun』は人生の色々な場面でインスピレーションを与えてくれる意味深いアルバムだと思います。僕が毎朝起きる時聴くのは、「許すこと」を歌った “Mercies New"です。"Legacy" では、意味のある人生を送りたいという気持ちを、「何かを遺したい。みんな私の事どんな風に思い出すかしら。人を愛そうとしたかしら。」と歌います。

僕が一番勇気づけられ慰められたのが、アルバムの真ん中に来る"I Am"です。静かに最後をしめくるるのは"Gratitude"で、今自分に与えれているもの感謝する(たとえそれが自分が望むものでないとしても)、ことを歌っています。

一生好きでいられる音楽は人それぞれです。人によって、違った趣味、好みがあります。でも『Woven and Spun』は、僕の個人的趣味での本当に大好きなアルバムです。これを聴くことによって生き方が変えられたと思うからです。人生を生きている時の僕のサントラ盤なのです。

誰かの死に直面した時の慰め、一緒に笑える友達、不安な時の力、このアルバムは、今までもそしてこれからもきっと毎日僕の気持ちを高めてくれるでしょう。 これは、僕にとっての「スイートベイビージェームス」であり、僕にとっての「タペストリー」なのです。二コール・ノードマンの『Woven and Spun』は、僕が心から好きだと言えるアルバムです。

ティモシー・K・マキ

TIM’S MUSIC REVIEW

ARTIST: Nichole Nordeman
ALBUM: Woven and Spun

While music can affect you in various ways, it is very rare that an album changes you. Most of the time a CD is nice, you listen to it for a good month or two, and then move on to something new that excites you more. But what happens when an album’s purpose is not to entertain or to excite, but rather to inspire? Woven and Spun, a heartfelt and sincere album from Christian artist Nichole Nordeman, will certainly inspire you deeply. With her soft, clear voice and gentle piano playing Nichole Nordeman will take you on an intimate journey that explores openly her personal struggles in life and faith and invites you to share in her road to understanding and acceptance.

What I enjoy about this album is its uncomplicated quality. True, some songs can sound a bit dated but at the same time, the lack of fancy beats and gimmicks is conducive to a more intimate setting because none of the arrangements draw attention to themselves. Nichole’s crystal clear yet very vulnerable voice is what really carries each of the songs and gives them impact. Woven and Spun is so inspiring because of its ability to be meaningful and encouraging during many times in your life. I listen to “Mercies New,” a song about forgiveness, every morning when I wake up. In “Legacy” Nichole expresses her desire to have her life mean something important, saying “I want to leave a legacy/How will they remember me?/Did I chose to love?” And in the middle of Nordeman’s album comes “I Am”—which by far has been the most emotionally inspiring and comforting song of my life. The album quietly concludes with a song about appreciating what you have even though it might not be what you want.

All-time music favorites are different from person to person. People have their own tastes and preferences, but Woven and Spun is my personal favorite because listening to the album’s songs has truly changed my life. It has been my soundtrack for living life. A comfort in death, a friend in laughter, a strength in uncertainty. It has and continues to inspire me everyday. This is my Sweet Baby James. This is my Tapestry. This is an album that I love.

-Timothy K. Maki


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックをお願いします。