▶︎ 隊長ジャーナル

平均年齢80歳の老益ロックンロールクワイヤ’Young@Heart’のドキュメンターリーフィルムを久しぶりに観賞し、痛く感動しました。

鼻から直結した酸素ボンベを片手にフレッドさん【Fred Knittle】が ...

06/26/2020▶︎ マダムの福音書

母が亡くなって11年になります。母の事は、何かにつけてよく思い出します。沢山の思い出を残してくれた人でした。

晩年は、病院に入院する事が大変多く本人にとってはとても辛い体験だったでしょうが、わたしにとってはこの時が一番母と ...

▶︎ 主を思う・・

この1991年の映画 「The Doctor(邦題:ドクター)」は、私の心にいつまでも残っている作品のひとつです。

主人公は、非常に技量に長けた自信満々の心臓外科医ですが、患者を物か何かのように扱う医者でした。ところが、自 ...

▶︎ 隊長ジャーナル

NCM2隊長の周りには若い頃にバンド活動なんかをやってて、それなりにやんちゃで酒池肉林な生活&性活(?)をしていた輩が、三十路を過ぎたあたりで、いつの間にかボーンアゲイン。

敬虔なクリスチャンになってた・・

なんて話がけっこ ...

▶︎ 主を思う・・

<“ザ・ビートルズ”のいない世界>

先日日本に行ったときのことです。友達から絶対見るべきだと言われて、義理の兄姉も一緒に映画「Yesterday」を見に行きました。気にいったようで、その後、義姉は新聞の切り抜きまで送ってくれました。

▶︎ 主を思う・・

命の重さが21グラムだという話を聞いたのは、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が2003年に製作されたアメリカ映画 「21グラム」という映画を見た時でした。それまでは、命に重さがあるなどとは考えたことなどありませんで

▶︎ 命の水の泉から

このたびの引っ越しは夏の炎天下でした。その後もガレージに突っ込んだ段ボール箱から、物を出すのも照り返しの日差しでなかなかできませんでした。朝方か夕方に必要な物だけ探すという具合で、いまだに見つからない物もあります。
昨年ロスの ...

▶︎ マダムの福音書

2014年に松竹の製作・配給で映画化され、第57回ブルーリボン賞作品賞を受賞した、日本映画「超高速!参勤交代」と言うおもしろい映画をDVDで見ました。
お金も人材もない弱小貧乏藩が江戸幕府から無理難題を押し付けられるも、諦めず ...

▶︎ 命の水の泉から

息子(イ・ジョナサン)が監督したドキュメンターリー作品「MAD TIGER」が大阪アジアン映画祭に出品され、私も日本に来ました。
一昨日の映画祭でわが息子のQAのときに観客から主人公についてきかれてわが息子が観客とし