▶︎ マダムの福音書

ワクチン接種の普及により新型コロナ感染者が激減しているカリフォルニアは、少しずつ経済活動がコロナ前のように動き始めています。

ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ハリウッド、その他の遊園地、野球場、美術館、ショッピン ...

▶︎ マダムの福音書

新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)が世界中に蔓延した昨年から1年の間、神様の守りの中で家族も親しい友人もなんとか元気で過ごしてきましたが、いつも喪失感が心を塞ぎ、私はこの一年何をしてきたのだろうと言う疑問ばかりでした。

▶︎ マダムの福音書

「あなたは国を出て、親族と別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。」

この旧約聖書の創世記に書かれているみ言葉は、神様がアブラハムに語られそれに答えた彼が、生まれ育った地を離れ将来のイスラエルなる異国に出ていくところです。

▶︎ マダムの福音書

10月29日付けのFox Newsに下の写真が載っていました。

アメリカで今年COVID-19(新型コロナ)で亡くなった240,000余人の方々を追悼するアートでした。この仮のアートに付けられたのは「アメリカ、どうしてこん ...

▶︎ マダムの福音書

ここ南カリフォルニアでもNHK朝ドラ「エール」が放映されています。先日、主人公で作曲家の古関裕而さんが’長崎の鐘’を作曲するまでのエピソードを観ました。

話の中で原爆で被災した浦上天主堂から掘り起こされた、鐘の実物写真が映 ...

▶︎ マダムの福音書

コロナ禍で、何もかも今までとは違う日々が7ヶ月も続いています。必要な用事以外の外出はしないので、大好きなロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)の試合をテレビで見るのが唯一の楽しみです。

観戦者の ...

▶︎ マダムの福音書

カリフォルニア州に住んでいる私は、コロナ禍で2度めのロックダウンの中にいます。5月末に色々な店やレストラン、モール、ジムなどがオープンした矢先に、BLMのプロテストが勃発、多くの人々が一斉に街中に出始めた2週間後、新型コロナウィルス感 ...

▶︎ マダムの福音書

ダメになりそうなとき

基本に戻ろう。
掃除をしよう。
人を大切にしよう。
感謝の中で生きよう。

余計なものは捨てよう。
なるべくシンプルに
贅肉は削ぎ落として。 ...

▶︎ マダムの福音書

私たちNCM2メンバーが所属している”Shepherd Church”で2年に1度開催される、5日間のリバイバル集会に参加しました。
今年も日本ミッションに行く前の霊的な備えの時として参加して