▶︎ NCM2 CHOIR,▶︎ 隊長ジャーナル

わたしの住む南カリフォルニアは今週、2021年6月15日からすべての経済活動が再開され、新型コロナ感染対策の様々な規制が緩和されます。

地元のスーパーやレストランも平常営業となり、もう外でマスクをしている人の姿もまばらです ...

▶︎ NCM2 CHOIR,▶︎ 隊長ジャーナル

このコロナ禍の1年間に約2ヶ月間、韓国とカナダで映像制作の仕事をしていました。コロナ禍の海外出張は過酷でした。

入国後、それらの国が指定するホテルで14日間の待機期間(強制隔離)があり、窓も開かない部屋で独りでいると定期的 ...

▶︎ 隊長ジャーナル

約1年ぶりにイスラエル出身の旧友、イキー・レビーと再会しました。

イキーは僕の仕事仲間で、ドラマー/プロデューサー、レビ族の末裔であり、故郷イスラエルではセレブレティー(著名人)。その昔、彼と訪日した時に、東京や京都に住む ...

05/17/2021▶︎ 隊長ジャーナル

23才の時にイエスキリストの救いを信じ、悔い改め、受洗してから早40余年の月日が経ちました。

救われた当初、帰国して友人知人たちとの飲み会の席上で「オレ、洗礼を授かってクリスチャンになったんだ・・」と、(軽く)証しなどをし ...

▶︎ 隊長ジャーナル

新型コロナ・パンデミック以来、全世界の諸教会の礼拝や聖研はオンラインが主流になってきた昨今、上の上馬教会のツイートは「今は昔」のような気もちらほら・・。

(コロナ前)礼拝中に居眠りしていびきをかいたり寝言を言ったりする輩は ...

▶︎ 隊長ジャーナル

おそらくそこには、何か「クリスチャン」であることが特別な力、特別な立場を持ったものと期待する心が働いているのではないでしょうか。これは時として特権意識につながることがあります。

キリスト教病院だからクリスチャンは優遇される ...

▶︎ 隊長ジャーナル

私たちはみな、多くの点で失敗をするものです。もし、ことばで失敗をしない人がいたら、その人は、からだ全体もりっぱに制御できる完全な人です。馬を御するために、くつわをその口にかけると、馬のからだ全体を引き回すことができます。また、船を見な ...

01/27/2021▶︎ 隊長ジャーナル

あなたの出で立つのも帰るのも 主が見守ってくださるように。今も、そしてとこしえに。詩篇121篇8節 【新共同訳】

上の聖書の御言葉に見送られ、6日前から仕事で隣国のカナダに出張しています。

実際の仕事は5日間ほどなのですが、 ...

▶︎ 隊長ジャーナル

イスラエルの第二の国歌とも呼ばれているこの楽曲”黄金のエルサレム”(Jerusalem of Gold )を、NCM2 CHOIRがヘブライ語と日本語で収録したのは2016年のことでした。

2009年、Hollywood ...