シュワッチ!

今日、次男坊のプリースクールではパジャマディー。すなわちパジャマで一日を過ごすというもの。先生曰くドアを閉めきって外には出ずに、室内で遊ぶとのこと。さながら「白夜のお泊り会」といった光景なのだろう。

次男坊、気合いを入れて昨晩からT君にもらったウルトラマン・パジャマ(帽子つき)!日本が誇る正義の味方をアピール!そんなことをしながら生の英語を吸収してしまうあなたがうらやましい!

Picture_038_2

マック

追伸:先日、落語家、桂かい枝さんの「ブロードウエィを笑わせろ!」というドキュメンタリーを見ました(在米日本人牧師の皆様、MUST WATCHです)。キャンピングカーに家族を乗せてアメリカを縦断、行く先々で英語で落語をするのですが、これがおもしろい!日々、話すことが多い者としては、おおいに教えられ、英語圏に向けて日本人が語る英語のメッセージということについて励まされました。

その番組の中で笑ったのが、アメリカ人の聴衆を前に「日本の英語教育は絶対に使わない英語を教えている」という噺。例えば、私達が一番、最初に学ぶあの有名な・・・

This is a pen.

This is a pen. これはペンです・・・。This is a pen. これはペンです・・・。

これはぺ・・・。

この一節を使わなければならない生活の一こまがはたして私達の日常にはあるのか。

(小さな声で)ありません!weep

・・・この噺、アメリカ人から爆笑されていました。

7 thoughts on “シュワッチ!

  1. Hiroeさん
    あのHiroeさんですね。先日はKちゃんともども、お会いできてうれしかったです。かい枝さんと旅していた方がお友達とは!とても楽しい旅日記ですね。特に写真がこれぞアメリカって感じて最高です!また、教会にいらしてくださいね

  2. 1991年秋のブルーハーツのアメリカン・ツアーのドキュメンタリーの中で、オレゴンのローカル・ラジオ局の番組に生出演して、メンバー個別にインタビューされるシーンがあるんだわ。
    んで、緊張の裏返しかなんかで異常にハイなベースの河ちゃんが会話の流れに全く関係なく凄く嬉しそうに、” This is a pen ! ” を連発するんだよ。DJ は,”This is ………What?” って困って周りを見回して、やっと意味がわかるんだけど、
    “Ohh……, this is a pen !! yes !! ” と言いつつも、はっきり言って更に困ってたよ。

  3. Youtubeの1/5から5/5まで一気に観ちったよ。
    かつて、桂枝雀師匠がニューヨーク公演をやってた頃、本当にペラペラの日本語よりも、クセのある日本語を喋る外国人の話しの方が面白いのと同様、わたしは完璧な英語の発音は、あえて目指していません、と言ってたんだが、それは、ある意味、現場的に正しいんだよね。
    アメリカで寿司バー(カウンター)に常連客が付くタイプの店って、とにかく、花板さんの英語がブロークンなの。 ブロークンなのに、まあ、よく喋ると。例えば、
    Can I have a piece of tuna?
    ア・ツナ? ワン・ピース、ノーグッドね、ツー・イズ・ベターよ、ザッツ、トラデッションでしょ。
    みたいな人がやってる店ほど流行るんだよな。
    日本のトラディションって言う訳に行かない牧師としては、この分野はもの凄く難しいじゃない?

  4. たしん
    いや~、Japalishはもう完全に個性でしょう。中国人英語、インド人英語とか聞いていると、なんか最近は愛しくなってくるよ。「このJapalishが君達には話せまい」というぐらいの心意気で図々しくいきたいな。
    かい枝さんのようなスタイルでの聖書メッセージもいいんじゃない!でも、あれはほんとオリジナリティーに溢れたプロ業だわ。

  5. ご紹介ありがとうございました。
    ちゃんと地元の人たちとつながる「まくら」を考えるところとか、メッセージと繋がりますよね。
    落語、しばらく観に行っていないです。今度日本に戻ったら行きたいなと思いました。

  6. かまたさん
    落語に行かれたことあるんですか?私はないのですが、いつか行きたくなりました。今はネットからダウンロードもできるようですね。間の取り方とか、とても勉強になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください