BAGHDAD MARKET

2011-01-13_20-50-59_778 私はサンデイェゴ郡のLa Mesaという市に住んでおり、隣には El Cajonという市があり、そこには20000人のイラク人が住んでいるといわれています。

そんなEl Cajonのど真ん中にある空手道場に行っていて少しづつ分かってきたのですが、先生自身がイラク人であるように、回りにいる人達もどことなくミドルイーストの人達なのです。帰り道、東西にはしるMain Streetにはちらほらとアラビア文字の看板があり、さながらアラブ通り。そこで昨晩は、稽古帰りにBAGHDAD MARKETなる店に息子と立ち寄り、売られているものを興味深く観察し、LEBANON産ののジュースを「ふ~む」と唸りつつ、飲んで帰ってきました。

こんなことが日常と隣り合わせなのがアメリカの醍醐味かと思います。多種多様の文化に触れることによって、心のケパシティーを広げたいものです(自分の住む場所は世界のほんの一部という感覚を常に忘れないように)。

マック

 

2 thoughts on “BAGHDAD MARKET

  1. こんにちは。
    いつも、懐かしく拝見させていただいております。
    サンディエゴは本当に多民族が隣り合って生活している地域ですね。今、東側に来て、一層そういう思いを強くしております。こちらは、白人が93%。次に多いのが2%を占めるアジア系とされていますが、黒い頭はさっぱり見つかりません。。。同じアメリカでも格差があるようです。多様性はカリフォルニアとNY程度ではないでしょうか。本当に、人ひとりの住む世界は、世界の欠片にすぎませんね。

  2. LaceyBlueさん
    はじめまして(かな?)。
    素敵なブログを見させていただきました。コネチカットは銀世界なのですね。アメリカは広いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください