高倉健も

B3927006

ウイル・スミスも

Pursuitposter 

幸いを表現しました。

健さんの幸もウイルさんの幸もよく分かります。でも、イエス・キリストが言われたこんな幸いは、なんだかさっぱり分かりません。

心の貧しい人達は幸いである。天国は彼らのものである。                     悲しんでいる人は幸いである。彼らは慰められるであろう。

でも、気になりませんか、この言葉。なにか惹きつけられます。明日から「本当に幸いな人とは?」という礼拝メッセージ・シリーズが始まります。どなたもどうぞ!

マック


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
↑↑ キリスト教ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援クリックをお願いします。

2 thoughts on “

  1. 「幸福の黄色いハンカチ」はさ、ポスターで思いっきり黄色いハンカチが旗めいてるから、ハッピーエンドが保証されたもんなんだけど、最後、家に近づいてく時、凄えドキドキすんだよな。
    「幸せの黄色いハンカチ」と対をなす、
    「遥かなる山の呼び声」も凄くいいよ。
    Will Smithの子供役の子役って、本当の息子なんだよな。
    Will Smithに体を洗ってもらって、くすぐったがるシーンが、自分と倅を思い出して、凄くよかったな。

  2. たしん
    「幸せの・・・」は本当にドキドキするよな。確かこれって海外でもリメイクされてなかったけ?
    そう、あの男の子は実子だったね。親子でいい味だしてたよな。実話ってところが、またね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください