たちつてと

娘は今「かきくけこ」が言えず「たちつてと」になってしまう。例えば・・・。

「そうなのか」→「そうなのた」
「ここにあるよ」→「ととにあるよ」

などなど・・・。

そして、この発音は今のところ一番、一日のつき合いが長い弟にも受け継がれていて、彼も怪しいことを言っている。

この間、この娘が家内に聞いてきたと言う。「ママ、“ ど ”ってどう書くの?」。書いて教えてあげると彼女は嬉しそうに一枚の紙にこう書いて見せにきた。

「いちど」

訳せばこれは「いちご」。

娘よ、まぁ、あせらずのんびりいこうな。

マック

2 thoughts on “たちつてと

  1. 「いちど」が「いちご」だったとは!!(^^)そのうち、自然となおるのでしょうねぇ。
    うちのマリは「かくけこ」がなぜかフランス人のRの発音で「らりるれろ」を言っているような音になります。つまり痰がからんでいて、それを吐き出すような音(ちょっとおやじっぽい)…で、こんな発音、英語にも日本語にもありません。どこから仕入れてきたのか謎です。そして「き」は「ち」になります。彼女の口癖「パパ、ちら~い」は「パパ、嫌~い」です。これは、パパの注意をひきたい時(パパの顔を見るたび)に彼女がいう言葉です。(笑)

  2. そうなんですかー。うちも同じです。うちの次男坊も「だーいっち!」と言います。何だか分かりますか?「だーいすき!」っていうことです。ってことで「すき」は「ちー」になってしまいます。おもしろい共通点ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください