彼らは何をしているのか分からずにいるのです。

self-evaluation私達は都合のいい生き物です。誰かが自分に忠告をすると「なんとおせっかいな」と思い、同じように誰かに忠告する自分を「俺は優しい」と評価します。あの人は「せっかちだ」と言いながら、自分に対しては「自分は機転がまわる」と思います。「あいつはのろい」と言いながら、同じような自分に対しては「私は慎重だ」と思います。あの人は「食べ過ぎだ」と心の中に思いながら、自分には「これは自分へのご褒美だとか、この栄養が不可欠なのだ」と思います。「あの人は随分、老けた」などといいながら、自分に対しては「俺も貫禄がついた」なんてことを思うのが私達なのです。このような矛盾に何も気がつかずに私達は自分のことは全て分かっている顔をしながら暮らしているのです。

マック

「礼拝プログラム」、「一日一生」はこちらから。本日の「日英礼拝メッセージ原稿」、「おもちかえり」はこちらから ↓

続きを読む

不便

『主は彼を外に連れだして言われた・・・』(創世記15章5節)

camp

休暇をいただいてアリゾナ州セドナでキャンプをしてきました。自然の中で過ごすということはイコール不便を受け入れるということになります。野外で夕食をとっていますと、辺りは暗くなり、明かりに向かって無数の昆虫が飛来します!私達のテントには夜毎にスカンクがやってき、私達を震え上がらせてくれました。一人平均27か所、虫に刺されました(セドナの虫に日本のキンカンは効かないのです!)。扇風機、エアコン、冷蔵庫、テレビはありません。日中は暑すぎてテントの中にいることはできません。トイレは遠くにあり、フカフカの布団ではなく寝袋で眠るために、大地の硬さが背中にこたえます。

しかし、時おり私達の間を吹きぬける風は明らかにエアコンのそれとは異なり、心身にやさしい心地よさがありました。神様の創造された世界で命あるものは互いに共存しあっているということを肌で感じます。不便さの中にいると、そこにいる者達は協力的になり、その心はずっと近づきます。それまで各々、コンピューターに向かっていた光景はなく、小さな明かりのもと顔を突き合わせてトランプを楽しみました。トイレに行くのにも、洗顔に行くのにも懐中電灯をもって皆で夜空を眺めながら寄り添いあって行くのです。

神様は荒野でイスラエルの民を訓練しました。イエス様は枕するところなく、おそらくたびたび、弟子たちと野宿をしたことでしょう。。そうです、彼らは全てが整った場所で主からの訓練を受けたのではないのです。とかく便利さだけを求める私達の世界ですが、この夏は不便さの中に私達に対する神様の愛がたくさん含まれていることを体験することができました。これからは何か不便を感じたら、そこに新たなる収穫と教訓を期待したいと思います。

今年もレイバーディに太平洋を前にしてビーチキャンプを予定しています(興味のる方はご連絡ください)。そこでも存分に“不便な体験”をして、共に神様のご愛を見出しましょう!(八月の教会報より)

マック

真理とは何か

Whateveryouwant私達の暮らす時代、世界から「確固たるもの」や「共通の価値観」が失われています。その様は解体されていく建物のようです。「善悪の基準」というものもなくなりつつあります。「個人の自由」を旗印に、その自由を阻むものは人権問題として取り扱われてしまうのです。そのように「個人の権利」というものが私達の社会において至高のものとなりますと、最後に行きつくところは「あなたがそれを望むのならどうぞ、お好きに」という世界であり、このことは、私達の周り、いたるところで見ることができます。

マック

「礼拝プログラム」、「一日一生」はこちらから。本日の「日英礼拝メッセージ原稿」、「おもちかえり」はこちらから ↓

続きを読む

Do you hear the people sing?

いつも気になっていました教会の周りの木々、草、蔦・・・をきれいに刈り、抜き、掃き・・・ました。これで明日も気持ちよく主に礼拝を捧げることができそうです!それにしても、この写真を見ていると、どうしてもこの歌を思い出してしまうのは私だけでしょうか・・・。私だけですね(笑)。兄弟姉妹、暑い中お疲れさまでした!楽しいひと時をありがとうございました!

IMG_20150822_120425101

Do you hear the people sing?
・・・It is the music of a people
Who will not be slaves again!

『もしわたしの言葉のうちにとどまっておるなら、あなたがたは、ほんとうにわたしの弟子なのである。また真理を知るであろう。そして真理は、あなたがたに自由を得させるであろう』(ヨハネ8章32節)。

マック

 

寿命

405-Traffic-Los-Angelesついこの間まで膝の周りにまとわりついていた長男が16歳となり、今、運転免許取得のために準備を進めています。近々筆記試験を受けるようで、それが受かれば数日、ドライバースクールの教官の指導を受け(彼らはそれまでハンドルを握ったことのない子供をいきなり、その日にフリーウエイに導くといいます。おそらく教官の心臓は合金でできているのでしょう 笑)、あとは親が命をかけて同乗し、子に教えなければなりません(この経験の後、私達は世界中の絶叫アトラクションが束になって襲いかかってきても動じないハートを得ることになります)。

この修羅場をくぐりぬけてきた親御さん達は一様に「寿命が縮まった」と言います。私はまだその状態にはなっていませんが、そうだろうなーと思います。サンディエゴ・フリーウエイと呼ばれるサンディエゴとロスを結ぶフリーウエイ405は片側10車線となるような道で(写真参照)、獰猛なバイソンの大群の間をくぐりぬけるようにして、時速100キロ以上のスピードで運転しなければならない、それがカリフォルニアの車社会なのです。

この胃が痛むようなことをこれから三回もしなければならないこと、ただただ天父のあわれみとお守りを祈るばかりです。自分の寿命を想定する時、この恐ろしい日々によって縮まってしまう年月を差し引いて考えなければならないと思っています(笑)。今、同じ状況にある保護者の皆さん、お互い、がんばりませう!

心底請祈
マック

追伸:私は19歳の時にテネシー州でライセンスを取りましたが、その時の実技は牛しかいない田舎道を10分ほど運転して終わりでした。

 

マイ・デボーション

IMG_20150817_151150828最近のマイブームは暑くてくらくらする時間帯を選び、南カリフォルニアならではの乾燥しきった赤土の岩山を往復一時間かけて登ることです(大空や大地と格闘しているようで爽快です)。その間、はぁーはぁー言いながら、色々なことを考えたり、祈りながら歩きます。ディオフの今日は聖書の中のヨナという預言者のことを思いながら登りました。

『時に主なる神は、ヨナを暑さの苦痛から救うために、とうごまを備えて、それを育て、ヨナの頭の上に日陰を設けた。ヨナはこのとうごまを非常に喜んだ。ところが神は翌日の夜明けに虫を備えて、そのとうごまをかませられたので、それは枯れた。やがて太陽が出たとき、神が暑い東風を備え、また太陽がヨナの頭を照したので、ヨナは弱りはて、死ぬことを願って言った、「生きるよりも死ぬ方がわたしにはましだ」。しかし神はヨナに言われた、「とうごまのためにあなたの怒るのはよくない」。ヨナは言った、「わたしは怒りのあまり狂い死にそうです」。主は言われた、「あなたは労せず、育てず、一夜に生じて、一夜に滅びたこのとうごまをさえ、惜しんでいる。ましてわたしは十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか」』(ヨナ書4章6節-11節)

ヨナはこのような灼熱の太陽のもとどんな思いでとうごまの陰に座っていたのだろうか。そんなことを思いめぐらし、彼と同じように灼熱の太陽の下を歩いている自分の心を彼の心に重ね合わせてみました。そして神様がニネべの町について語ったことを思いめぐらしながら、山頂からサンデイェゴの町を見渡し、我が町のために祈りました。

マック

追伸:これは心と体で感じる私なりのデボーションです(お勧め!でも熱中症にはお気をつけください)。

破れて知る神の愛

jesus-denied-by-peter己を信じていた男の自信がもろくも崩れました。それは自他ともに認める失敗であり、修正できない挫折でした。その残りの人生、どこにいっても後悔が彼を追いかけてきたことでしょう。しかし、彼はそんなところから神の愛を知りました。そうです、それは破れて知った愛なのです・・・。

マック

「礼拝プログラム」、「一日一生」はこちらから。本日の「日英礼拝メッセージ原稿」、「おもちかえり」はこちらから ↓

続きを読む

言葉

download今日、世界中のニュースがいかなる場所でも読める時代となりました。私達は今、地球の裏側にいる人の思いをすぐに知ることができるのです。

最近、「日本の平和」について語られている言葉が荒々しく、攻撃的になってきていると感じています。そう、自分と異なる考えを持っている人に対して、苦々しい感情がその文字からにじみ出ているのです。面と向かって話していないから、気持ちが尊大となり、そうなるのでしょうか。自分が正しいと思っていることゆえに、異なる考えを持っている人を見下しているのでしょうか。「平和を願う言葉」がなぜ、そんなにとげとげしいのでしょうか。

言葉を平和の道具として使えない人が次に何をするのか、私達は知っています。そうです、次にその人は拳を振り上げるのです。

マック

追伸:戦争は言葉に行き詰まった時に起こるのです。