えらいこっちゃ

来年6月29日から12月31日まで、サンディエゴのSan Diego Natural History Museum において、20世紀最大の発見と言われているあの死海文書が展示される。なかなかイスラエルからこの文書が海外に持ち出されることはないらしいのだが今回、よりによってサンディエゴに来てくれるなんて嬉しい限りなのである(展示される文書は24巻で、そのうちの10巻は世界初公開となる)。

その中には詩篇、申命記、レビ記、イザヤ書、ヨブ記などがあり「これはえらいこっちゃ」などと一人で興奮している。教会でもツアーを考えなければなるまい。私も博物館に通い、古の世界の息づかいを聞かねばなるまい。へブル語ももう一度、復習しなければなるまい(これは怪しい、そうとうに)。

というわけで2007年に向けて一つの楽しみができました。

マック

ばあちゃんからの贈り物

今日、我が家にピアノがやってきた。

経緯はこういうことだ。今年の夏、九州にいる母を訪ねた。彼女は今も現役の牧師として福岡県柳川市の教会ではたらいている。その母が私達の帰り際に「これで奏(長女)にピアノを買ってあげなさい」と封筒を手渡してきた。母にとって「将来、神様のために音を奏でるように」と名づけられた孫娘にピアノをプレゼントしたいという気持ちは長い間の願いで、それを抑えることができなかったようだ。変な言い方になるが、親孝行と思い感謝して封筒を受け取った。

そして、おととい立ち寄ったピアノ屋さんがセールをしていて、中古でなかなか質のいいピアノ(家内曰く)を見つけ、予約しておいた。そして、それが今日届いたというわけだ。母にも電話をした。受話器ごしに聞こえる嬉しそうな声!たとえそれがとりあえずは孫達の拙い「チョウチョ」であっても、「夕焼けこやけ」であっても母には天使が奏でる音として心に響くのだろうなと思った。願わくは家族そろって神をほめたたえることができたら、そして、目の回る日々を過ごしている家内が鍵盤に触れることによって一息つくことができたらいいと思う。

「息のあるすべてのものに主をほめたたえさせよ。主をほめたたえよ」詩篇150:6

マック

告白:私は中学校二年生の時に音楽の通信簿の10段階評価で2をとったことがある(威張るな!)。アルト・リコーダーという三つに分解される楽器のまん中の部分でチャンバラをして、そのパーツを失くしてしまって実技試験を受けることができなかったからだ。真ん中がないリコーダーを持って先生の前に立った時の先生の呆れ顔を忘れることができない。先生、ごめんなさい、反省しています!

母は夢を孫に託したのだと思う・・・。

毛糸ソックス

我が家のクリスマスの飾りつけが早々に終わった。

次男坊が生まれる前、こんなソックスを二足、長男長女それぞれに買っていたのだが、次男には何の用意もしていなかったことに気がついていて、今年は何とかしようと考えていた。

IMG_1882.JPG

それが、先日ふと見ると真ん中に毛糸のソックスが・・・。最近、私が愛用している冬場必須アイテムが見つからないでいたのだが、こんなところにあったのだ。

IMG_1883.JPG
IMG_1884.JPG

きっと椅子を持ってきて、ここにぶらさげたのだろうな・・・。我慢してしばらくそのままにしておこう。

マック

追伸:いつも「ピクチャー圧縮とは何ぞや?」で行き詰っていたのですが、先日、日本在住の家内の妹達のアドバイスによって実現しました。サンキュー!一応、ピクチャー・デビューです。

キャラクター 

親父 「君たちは大きくなったら日本とアメリカ、どっちに住むの?」

次男 「んっーと、んっーと・・・、 ディズニーランド!」

長女 「アメリカっ!」

長男 「・・・日本とアメリカだと、どっちにトレジャー(宝物)は埋まっているかなー」

親父 「アメリカの方が広いからアメリカじゃない」

長男 「じゃーアメリカ!」

天然癒し系の次男、けっこう逞しい長女、好奇心旺盛な長男、それぞれの性格が出ていて聞いていておもしろい会話でありました。それぞれのキャラクターを大切にして育ってほしいなーと思いました。それと、どこに住んでもいいけどジーザスと一緒にね。

マック

凹から脱出!

今日は礼拝メッセージの中でパワーポイントを使い、ピクチャーをプレゼンしようとしたのですが、プロジェクターの明かりがどういうわけか黄色になっていて、写真本来の色をお見せすることができませんでした。直前のハプニングでしたし、準備にそれなりに時間をかけていたので、凹みそうになったのですが「この気持ちに引きずり込まれてなるものか」と「感謝探し」を講壇の上でしていました。

「黄色がかっているけれど写ることは写るのだから感謝だなー」「今日のメッセージが即、体験できて感謝だなー」(出席なさった方、分かりますよね)「もっと慎重に事前に確認しないといけないことが分かって感謝だなー」

などなど。そんなこんなで凹みから抜け出しました。感謝!

マック

加湿器

数年前、オペラ歌手の稲垣俊也さん、遠藤久美子さん御夫妻がサンデイェゴ教会を訪ねてくださり、コンサートをして下さったことがありました。日本でもよく知られている一流オペラ歌手であるお二人が、当地を訪ねて下さったということだけでも驚くべきことだったと思います。

その時、ご夫妻に一日、お供させていただいたのですが、お二人とも常に喉をケアーしておられることに「さすがだなー」と色々と教えられました。確かにそうですよね、あの驚くべき歌声はその喉から出てくるのですから、まさしく喉が命なのであります。

ってなことを最近、考えていたのですが、フッと思ったのです。何を呑気なことを言っているのだ、自分も喉が大切ではないか。最近夜、ベッドにはいるとなかなか咳が止まらなくなることがあり、ここ一、二週間は祈りつつ日曜日を迎えていたのです。

そこで、これはプロ意識に欠けるなと、数日前からオフィスにも加湿器を置いて、部屋の湿度を保っています。とにかく最善を尽くして、ベストの状態でその時を迎えるということ、これはどんな道にも通じることですもんね。

風邪が流行っています。ご自愛くださいませ。

For His Glory!
マック

総会・帰宅・フロス

今日は昼前からオレンジ・カウンティーでJMGMのミーティングがありました。色々とエキサイティングな可能性も出されて、この先の歩みを期待しています。一応、総会だったのですが、終始、笑顔とジョークが絶えず、未来に希望を感じました。

帰宅すると外泊していた家族は元気に帰っていました。Mさん、家族で本当にお世話になりました。あまりにも賑やかであっただろうと容易に想像できますゆえ、お疲れが残りませんようにと祈っています。

家内は話に花が咲き、睡眠2時間ということで、ただ今、限界に近づきつつあり、長男の歯にフロスをする手元が狂い、「ママに歯茎を思いきりグリグリされて痛かったよ」との報告を長男から受けています。彼女には一刻も早くベッドに入っていただくことが、我が家の平和のために必要であります。

それでは拙者も瞼が重くなってきましたゆえに、これにて失礼いたします。皆さん、よき週末を!

マック

サンクスギヴィングデー

今日はサンクスギヴィングデー。夕方からMさん宅にお招きいただいてLさんご家族と共に楽しい夕食をいただいてきました。特に今晩はLさんのご主人が美味しいターキーを焼いて下さいました(とっても美味しかったです!)。皆、年齢も近いこともあり昔懐かしい話なども出てきたり、子育ての話をしたり、イグアナのイグちゃんの姿に心打たれたり(ごめんなさい、私達以外、誰も分かりませんね)、楽しく過ごしました。Mさん&Lさんファミリー、素晴らしいひと時をありがとうございました。心も体もリフレッシュしました。さぁ、また明日からボチボチいきましょう。

マック

追伸:私を除いて我が家のメンバーは皆、そのままお泊りです。つかの間の一人の夜!さぁ、この貴重な時、何をしようか・・・という時間でもなく、もう寝ることにしましょう。明朝は北に向かいます。